結婚指輪(マリッジリング)のデザインは種類が豊富。中でも、まっすぐな「ストレートライン」と並ぶ定番のデザインが、カーブした「ウェーブライン」です。今回は、「ウェーブライン」の人気の秘訣と特徴をご紹介します。

■「ウェーブライン」の指輪とは?
「ウェーブライン」とは、別名「S字ライン」「V字ライン」とも言われる、ゆるやかなウェーブが特徴のリングです。ちょうどアルファベットのSの字を横にしたようなラインや、Vの字のようなラインが指の形を綺麗に見せてくれます。

■指を美しく見せてくれる効果が高い
ストレートに比べ、曲線が指に馴染むので、指をほっそりと長く見せてくれる効果が高いと言われています。「指が短い」「ぽっちゃりしている」など指にコンプレックスがある人にもおすすめのデザインです。

■どんな指タイプの方に似合う?
・S字ライン
S字ラインが指に優しく馴染み、指をスッキリ長く見せてくれるので、指が短い方や手が小さめの方にぴったりです。優しげでフェミニンな印象を与えるので、関節がゴツゴツしている方も女性らしく身に着けることができると好評。普段から甘めのガーリースタイルや、コンサバ系の洋服を選ぶ方におすすめのデザインです。

・V字ライン
S字ラインよりもさらに縦長に見えて、美指効果が高くなるV字ラインのリング。指の短い方はもちろん、ぽっちゃりした指の方にもおすすめです。アームが細く華奢になると、却って指の太さを強調してしまうので、ある程度の太さがあるリングを選ぶと良いでしょう。V字の角度が鋭くなるほどシャープな印象になるので、かっこいいモード系の洋服が好きな方や、カジュアルで個性的な洋服が好きな方に似合うはず。

■男性人気も急上昇中!ペアにするカップルも多い
見た目のフェミニンな印象から「男性には似合わないのでは?」と思う男性も多いのではないでしょうか?でも、実際に身に着けてみると意外なほど指に馴染み、ほっそりと見せてくれると評判が高いのがこのデザイン。男性ならではのゴツゴツとした指に馴染み、すらりとした印象に仕上げてくれます。男性はストレートのライン、女性はウェーブラインと分けてオーダーするのではなく、ペアでウェーブラインのリングにするカップルも最近は多いとか。一度試着して確かめてみてはいかがでしょうか?

■他の花嫁と一味違うアレンジ方法
角度によって様々な表情を見せるウェーブラインの指輪。そのままでも素敵ですが、ちょっとだけ個性を出したい場合は、次の方法を試してみると良いでしょう。さりげないアレンジでより一層自分らしいリングに変わるはずです。

・ダイヤモンドをちりばめても素敵
ゆるやかなカーブに沿って、ダイヤを散りばめてみてはいかがでしょうか?大きさの違うメレダイヤを3〜5粒程度散りばめるだけで輝きが増し、美指効果も倍増します。ダイヤ入りも様々なデザインがあるので、色々なリングのお店を調べてみると良いでしょう。

・地金の素材&表面加工で印象が変わる
地金の素材にも注目を。結婚指輪は、一般的にプラチナが主流ですが、他の素材に変えることで印象を変えることができます。例えば、海外のセレブにも人気のイエローゴールドにすると華やかさがぐっと増します。また、ピンクゴールドは日本人の肌になじむので、手を美しく見せる効果が高まります。さらに表面もポイント。美しく磨かれた表面は王道の美しさですが、マット加工にするとかっこいい印象になります。

気に入ったデザインのリングをちょっとだけ変更できるのがセミオーダーの魅力。最近はこだわり派に向けて、セミオーダーを受け付けているショップも多いので、まずはスタッフに相談してみて。