ウェディングフォトには当日撮影するもののほか、結婚式の前に撮影する前撮りと結婚式の後に撮影する後撮りがあります。リハーサルが兼ねられ、ウエルカムボードなど結婚式アイテムにも利用できるとあって、前撮りを行う花嫁さんは増えているのですが、後撮りは聞いたことがないという人も多いのでは? 実は後撮りにもメリットがいっぱい! 今回は後撮りのウェディングフォトの魅力についてご紹介します。

【ゆったりリラックスして撮影に臨める】
結婚式当日のウェディングフォト。当日の新郎新婦はなにかと忙しいので、写真撮影の時間を十分に取ることができません。また、緊張感もマックスになっていますから、いつものふたりらしい表情がつくれなかったという人も少なくありません。

また、当日の新郎新婦は分刻みのスケジュールで動き、撮影時間を延長することができないため、「こんなポーズの写真が撮りたい!」と現場でひらめいてもなかなか実現することは難しく、思い通りの写真が手に入らないということもあります。

一方、後撮りなら時間がたっぷりあるので、フォトグラファーともしっかりコミュニケーションを取りながら、ポーズなどもじっくり相談。リラックスして自然体の写真を撮ることができるのです。

【結婚式での経験を活かしてより素敵な写真に】
結婚式で撮影を経験しているのも、後撮りにとっては大きなメリットとなります。でき上がった写真を見て気に入らない部分があれば、そこを改善するように撮影に臨むことができるからです。また、「こんなポーズ、こんなシチュエーションの写真が欲しい!」という希望もしっかり反映させることができます。

お気に入りのネイルでエンゲージリングやマリッジリングなどの小物の写真、結婚指輪を着けた二人の手元の写真なども思い出に残ります!

また、女性なら結婚式では着られなかった衣裳やできなかったヘアメイクもあることでしょう。そんな心残りも後撮りで解消することができるのです。「ちょっと派手かな?」と思う衣装やヘアメイク、時間の関係で着られなかった和装など、人目を気にせずに思う存分楽しんで、素敵な写真に残しましょう。

【専門ショップならロケもスタジオも思いのまま】
こうした後撮りは一体どこで行えばいいのでしょうか? 結婚式を挙げた会場でも受け付けてくれるはずですが、ウェディングフォトを専門に行うショップも数多くありますので、そちらに頼んでもいいでしょう。

専門ショップでは衣裳も数多く取り揃えていますし、スタジオ撮影はもちろん、ロケーション撮影にも対応してくれます(ショップによってはどちらか一方の対応ということもあるので事前に確認を)。スタジオ撮影ではお気に入りの小物などを持ち込み、ふたりらしい世界観を表現した中で撮影することも可能。また、ロケーション撮影ではビーチや公園など美しい景色が広がるフォトジェニックな場所はもちろん、ふたりの思い出の場所などでも撮影でき、記念に残る写真が手に入るはずです。

【ハネムーン先で撮影するのも素敵】
結婚式後にハネムーンに行くのなら、ハネムーン先でウェディングフォトを撮影するのも素敵です。非日常の街並みや観光スポットなどを背景にした写真は、まるで映画の主人公になったかのようなロマンチックな仕上がりに。旅先の開放感もあり、大胆なポーズにも挑戦できるはずです。

ハネムーン先でのウェディングフォトは旅行会社がプランを用意するほか、専門ショップで対応してくれるところもあります。また、少し費用は掛かりますが、日本でフォトグラファーを調達して同行してもらうという手も!

後撮りで素敵な写真が撮影できたら、SNSなどにアップしてみんなにに見てもらったり、家族や親しい友人たちを集めてのお披露目上映会などをしても楽しいでしょう。結婚式後にも楽しめるウェディングフォトの後撮り、ぜひ検討してみてはいかが?