家族みたいにずっと一緒に過ごしてきた愛犬。人生の節目とも言えるウエディングにも参加させたいと思っているカップルも多いのでは?愛犬も一緒の結婚式は、まるで家にいるようなアットホームな雰囲気。ペットの可愛い演出にゲストも心和むはず。ぜひ、大切な日も愛犬と一緒に過ごして見ませんか?

■愛犬同伴のウエディングのメリット
少し緊張感が漂うチャペルに、可愛い愛犬が登場!それだけで、ゲストから歓声が上がり、一気に和やかな雰囲気に変わります。カップルもいつも一緒に過ごしている愛犬がいるだけでリラックスできるのではないでしょうか?

また、挙式の指輪の交換や交換後の指輪のお披露目など様々な演出を愛犬と一緒に行えば、かけがえのない思い出として家族の心に刻まれるはず。

■愛犬同伴のウエディングで気をつけること
・ゲストへの配慮
「愛犬も参加させたいがいかがですか?」と、事前にゲストに相談しておくと安心です。同時にゲストにアレルギーの方や、あまり動物が得意でない方がいないかもチェック。全員に喜んでもらうためには、ゲストの状態をしっかり把握することから準備を始めましょう。

・愛犬の性格
愛犬がちょっと怖がりな性格の場合は、要注意。知らないたくさんの人に囲まれて、萎縮してしまったり、逆に吠えてしまったりしませんか?性格的に難しい場合は、愛犬を参加させるのは諦めた方が無難です。

・パーティにも参加する場合
挙式だけでなく、披露宴やパーティにも参加させる場合も配慮が必要です。飲食をする場なので、愛犬が走り回っていては、犬好きでも抵抗感がある方もいるかもしれません。高砂の近くにゲージを用意する、食事の間だけ別室でシッターさんやスタッフに面倒を見てもらう。などの準備が会場側で、できるかどうか調べておくと安心です。

■愛犬が参加できる演出
ずっと思い出に残るシーンに、愛犬も一緒に参加すれば喜びもひとしお。ここでは、愛犬と一緒にできる演出をご紹介します。

・ウエルカムドッグ
ペット禁止のチャペルなど、挙式中参加が場合におすすめのウエルカムドッグ。会場の前で、家族と一緒にゲストをお出迎えすると、素敵な思い出になるはずです。

・リングドック
結婚指輪を新郎新婦の元まで運ぶ重要な役割が「リングドッグ」。タキシードやドレスを着た愛犬が、指輪を運ぶ姿にゲストも思わずにっこり!リングはリボンや蝶ネクタイなどで首に着けるのが普通です。バージンロードをまっすぐ進んでくれないこともたまにはありますが、その予測できない行動に、微笑みがこぼれます。挙式のどのタイミングで登場するかは、式によって変わります。事前にプランナーさんとアイデアを出し合って決めましょう。事前のリハーサルも忘れずに行うのが成功の秘訣です。

・肉球で可愛い証人に
ゲストなど大切な方からもらう結婚証明のサイン。これを、愛犬にしてもらう演出も人気です。可愛い肉球の証明に、家族も喜んでくれるはず。

・バージンロードを一緒に歩く
ゲストの注目を集める愛犬と花嫁が、バージンロードを一緒に歩く演出。ただし、お父さんが楽しみにしている場合もあるので、家族の了承を得てから行うと◎

・高砂に一緒に座って
披露宴の高砂に愛犬も一緒に座ると、ゲストから「カワイイ」と歓声が上がるかも。ずっと一緒にいると愛犬が疲れてしまう可能性もあるので、別室でシッターさんやスタッフに預かってもらえるか?またはゲージを用意してもらえるか?など、事前に相談しておきましょう。

・記念写真も一緒にパチリ
会場がペット禁止の場合は、前撮り写真に愛犬を登場させてみてはいかが?ペットと思い出の場所で写真を残したり、おめかししてスタジオで写真を撮影したり。その写真をウエルカムボードに使えば、挙式でも一緒にいるような気分を味わえます。