披露宴会場といえば、ホテルや披露宴会場が主流。スタッフのきめ細やかなサービスや安心感はありますが、みんな同じではつまらないと思っているカップルもいるかもしれませんね。最近では、結婚式の会場も多様化しています。今回は、さまざまな会場の種類とメリットをご紹介しましょう。

 

  • 大切な人と過ごすハッピーなウエディングなら「ゲストハウス」

最近の人気といえばゲストハウス。ホテルの披露宴では、ホテル内の会場を一部屋貸し切りますが、ゲストハウスは1棟丸ごと貸し切り。他のカップルの披露宴のことを気にせず思い切り楽しめるのが特徴。大切な人たちとのプライベートな時間を楽しみたいカップルにオススメです。

まるで海外のような雰囲気の中、ふたりの思い描く自由なひと時を作り上げることができます。ガーデンやプールなど屋外の施設も使って、楽器の演奏やデザートビュッフェなどの演出も思いのまま!

デメリットは、一般的なホテルに比べると価格が高めなところ。ぜひ予算に合うような会場を見つけてください。

 

  • パーティーの主役は美味しい料理!なら「レストラン」

グルメなゲストも思わず唸る三つ星レストランでも行えるレストランウエディング。一番の特徴は、料理が美味しいところ。一流シェフが手がける料理。ソムリエの選んだワイン、パティシエの手がけるスイーツ。見た目もお腹も満足の料理で楽しんでもらいたいカップルなら是非ここで。

デメリットはホテルやゲストハウスに比べて収容人数が少ないところ。会場によっては控え室や、会場が狭く、少々窮屈な思いをしてしまうかもしれません。会場選びの時は、施設の隅々までチェックを。

 

  • 旅行も兼ねてみんなでハッピーになれる「リゾート地」

新婚旅行を兼ね、国内・海外のリゾート地で披露宴を行うカップルも多いとか。メリットは、両親に家族旅行をプレゼントできること。ビーチや高原などの美しいロケーションの中、大切な人たちと過ごす時間はきっと忘れられない思い出になるはずです。また、素敵な背景での写真が残せるのも魅力のひとつです。さらに両家の絆も深まり、今後の結婚生活も安定したものになりそう。

デメリットは、段取りが大変なこと。一人で全部解決しようとせず、手配会社などお手伝いをしてくれるサービスを賢く利用してみましょう。

 

 

  • 結婚式の会場はどう決める?

ホテルやゲストハウスで挙式を行う場合は、挙式会場から移動してすぐ披露宴を開催できますが個性的な会場の場合はどうしたら良いのでしょうか?

挙式を教会や神社で行いたい場合は、式場から移動距離が近い場所を選ぶと良いでしょう。それぞれの式場で提携していることも多いので相談してみると◎

ゲストの前で愛を誓う人前式なら、レストランなどの小さな会場でも行え、そのままパーティーを行うこともできるので選ぶ人も増えているとか。プランナーに相談しながら決めると良いでしょう。

 

最近は、格式張ったスタイルではなく、個性を生かした結婚式も増えているよう。不安や心配事がある場合は、ウエディングプランナーに相談を。

ふたりの叶えたいウエディングスタイルによって、パーティー会場も自由に決めてみてはいかがでしょうか?