「付き合ってしばらく経つけど、結婚の話はいつも曖昧。彼にも結婚を決意してもらいたい!」そんな女性は逆プロポーズを検討してみてはいかがでしょうか?しかし、大丈夫と思っていてもやはりうまくいくかどうかは心配ですよね。今回は逆プロポーズにぴったりの言葉や注意点、プレゼントについて考えてみたいと思います。

■そもそも逆プロポーズはアリ?
多くの場合は男性から行われる結婚の申し込みですが、それを女性の方から申し込むのが逆プロポーズです。
彼と結婚したいと思っていても、なかなか踏み切ってくれない彼にやきもきして「自分からプロポーズしようかな?」と考えている女性もいるかもしれませんね。ですが、彼が頼りなく思えたとしても、実はプロポーズをしようと考えて準備をしている段階かもしれません。

逆プロポーズに踏み切るには自分の彼がどんなタイプか見極めるのが第一歩です。

■逆プロポーズを成功させる女性からの「質問」
保守的な男性なら「プロポーズは男性からするもの」と決めている人も多いはず。「実は水面下で準備を進めていたのに…」というような失敗を避けるためには、事前にプロポーズについてどのように思っているか確認をしておかなければいけません。彼にそれとなく聞けると良いですが、なかなか難しいもの。

そんな時は、この先どうしたい?など彼の人生設計を聞いてみると良いかもしれません。さらに自分は結婚する意思があると言うことを伝えるのも効果的。その時に「逆プロポーズってどう思う?」と聞いておくと◎硬派に見えた彼から「逆プロポーズ大歓迎だよ!」なんて意外な言葉が返って来るかもしれませんよ。

■プロポーズに必要な「言葉」
逆プロポーズされた男性に話を聞くと、「びっくりしたけど嬉しかった!」と言う声が多く聞かれるとか。彼が逆プロポーズに抵抗がないと確認したら、早速実行に移しても良いでしょう。
そこで気になるのがどんな言葉で逆プロポーズをしたら良いか?です。

絶対にNGなのは、周囲と自分たちを比べる発言。例えば「友人たちは結婚したのに私たちはまだ。だから結婚しよう」。これでは彼と結婚したいのか、誰でもいいから早く結婚したいのか判りませんよね。焦りを言葉にするよりストレートに気持ちを伝えるのが一番です。

ですが「絶対に結婚したい」「結婚できなければ別れる」など、気持ちが重くなると男性も深刻に捉えてしまうかも。なるべく爽やかにはっきりと「結婚しよう!」と愛情を伝えてみてはいかがでしょうか?

■逆プロポーズのプレゼント
彼が跪いて婚約指輪(エンゲージリング)の入った指輪ケースをパカッ!「結婚してください!」…と言うのが、昔映画やドラマでよくあったプロポーズのシーン。でも逆プロポーズの場合、指輪は必要なのでしょうか?

もし婚約指輪を買ったとしても、身につけるのは自分。結婚指輪を購入する場合もふたりでお気に入りのデザインを探したいですよね。
ですから、特に用意しなくても良いはずです。

ですが「せっかくだからなにか思い出に残るものをプレゼントしたい!」という場合は、二人の思い出にまつわる以下のようなアイテムをプレゼントしてはいかがでしょうか?

■初デート場所にまつわるアイテム
ふたりで初めて一緒に出かけた遊園地や美術館のチケット。初デートで使ったレストランのランチなど。最初のキラキラした気持ちを思い出せそうですね。

■彼が好きなブランドの服
好きなブランドのシャツや、いつも身につけてくれるネクタイなど。好みをわかってくれている彼女からのプレゼントは喜んでくれるはず。

■手軽に身につけられるアクセサリー
ブレスレットやネクタイピン、カフスなど気軽なオシャレアイテムもおすすめ。刻印サービスを利用すれば逆プロポーズの日付も残せます。

女性から結婚の意思を伝える逆プロポーズ。彼の気持ちを見極めて、素直な気持ちを言葉にしましょう。あなたのまっすぐな気持ちは、彼に必ず届くはずですよ。