結婚式での花嫁のウエディングドレス姿に欠かせないのがブーケ。でも、なぜ花嫁はウエディングブーケを持つのか、ご存知ですか? この記事ではブーケの由来やブーケの基礎知識についてご紹介します。

【ヨーロッパに伝わるプロポーズの故事】
ウエディングブーケはヨーロッパでの故事に由来します。男性はプロポーズする時に、自分で野の花を摘んで花束にし、愛する女性にプレゼントしました。女性はそのプロポーズを受けるのなら、その中から一輪を抜き出し、男性の胸ポケットに飾ります。この故事から、結婚式で花嫁はブーケを持ち、花婿は花嫁のブーケと同じ種類の花を使ったブートニアを胸元に飾るようになったのです。

現在でもこの故事をもとにしたブーケ&ブートニアの演出は結婚式でのセレモニーとして人気があります。挙式の新郎入場時や結婚指輪交換の前などに行われることが多く、ゲストが一輪ずつ花を持ち、花婿はゲストを回って花を集め、ブーケを作ります。そこに花嫁が登場。花婿は花嫁にそのブーケを渡してプロポーズの言葉を伝えます。花嫁はブーケの中から一輪を抜き出して、花婿の胸元に挿します。ゲストの前で繰り広げられるプロポーズの再現。盛り上がること間違いなしですね。

【ブーケはドレスごとに用意するのがお勧め】
ブーケはドレスに合わせて持つものです。ですから、結婚式でウエディングドレスとカラードレスを着るような場合は、それぞれのドレスに合わせてブーケも2個用意するのがお勧め。経済的な問題などで2個を用意するのが難しいという場合は、1個を2つのドレスに合わせることも可能ですが、その際はフローリストとよく相談をして、どちらのドレスと合わせても違和感のない色やデザインを考えてもらいましょう。

【ブーケのデザインと似合うドレスや体形】
ブーケにはさまざまなデザインがあります。また、似合うドレスとのバランスも決まっていますので、基本法則を知っておくとブーケ選びがスムーズです。

ラウンドブーケはその名の通り、半円形のブーケです。愛らしい雰囲気があり、Aラインやスカートがふんわりと広がったベルラインのドレスに似合います。どちらかといえば小柄〜普通体形の人にお勧め。

オーバルブーケは楕円型のブーケ。ティアドロップブーケとも言われ、ふんわりと優しげな雰囲気が醸し出せます。こちらもAラインやベルラインのドレスにお勧め。ボリュームを調節すれば、どんな体形でも似合います。

キャスケードブーケはゆるやかなカーブを描くデザインで、ダイナミックな印象。ユリやコチョウランなどを使うことが多く、ゴージャスな雰囲気になります。Aラインやスレンダーラインなど、ほっそりとしたドレスにお似合い。普通体形〜身長が高い人にお勧めです。

クレッセントブーケは三日月型のブーケ。ナチュラルな雰囲気があり、Aラインドレスと好相性です。個性的な形なので、シンプルなドレスにアクセントとして合わせても。どちらかといえば普通体形〜身長が高い人にお勧め。

クラッチブーケは花をそのまま束ねたような無造作感が魅力のブーケです。愛らしくナチュラル感があり、Aラインドレスにぴったり。小柄〜普通体形の人にお勧め。

アームブーケはカラーなど茎が長い花を束ねたブーケで、マーメイドやスレンダーなどほっそりしたドレスのほか、Aラインドレスにもお勧め。普通体形〜身長が高い人にお似合いです。

【和装にブーケを合わせるのもあり】
最近では、お色直しの和装にブーケを合わせる花嫁さんも増えています。白無垢や大人っぽい色打ち掛けに合わせるのであれば、大人っぽい雰囲気のアームブーケ。すっと長く伸びたブーケが、端正な花嫁姿を作り出してくれます。

一方、華やかな色打ち掛けに似合うのは、鮮やかな色合いのブーケ。ボールのように丸い形をしたブーケやバッグをかたどったバッグブーケなど、個性的なデザインのブーケが色打ち掛けのキュートさを引き出してくれます。

花夜の美しさをより引き立たせてくれるウエディングブーケ。体形や衣裳の雰囲気に合わせて選んでみましょう。