婚約指輪や結婚指輪は長く身に着けていると、ダイヤモンドや金属の輝きが鈍ってきたり、アームのゆがみや傷が気になったり、ダイヤモンドの留めが緩くなってきたりします。でも、「長く使っているから仕方がない」と諦める必要はありません。ショップのアフターケアを利用すれば、少し傷がついたり、くすんでしまった婚約指輪や結婚指輪も美しく甦らせることができるのです。

【ずっと身に着けているとゆがみや傷は仕方ない?】
婚約指輪や結婚指輪によく使用されるプラチナやゴールドは金属の純度が高いため、傷が付いたり、ゆがんだりしやすいと言えます。とはいえ、傷やゆがみが生じやすいシーンを事前に頭に入れておいて、そうした状況に陥るのをなるべく避けるようにすると、ゆがみや傷をある程度防ぐことができます。

ゆがみが一番起りやすいのは、重い荷物を持った時。男性で重いビジネスバックを持っている人は要注意! ゆがみが起りやすくなりますので、気を付けましょう。また、運動などで用具を強く握ったりするのも、ゆがみの原因に。運動時には指輪は外しておくのがお勧めです。なお、リングがゆがんでしまうと、ダイヤモンドを留めている爪が変形し、ダイヤモンドが外れる原因にもなりますので、気を付けてください。

また、固いものに触る機会が多いと、傷がつきやすくなります。食器洗いなども傷が付く原因になりますので、家事を行う際は指輪を外すのが無難でしょう。

なお、ダイヤモンドは地球上で最も固い鉱物といわれ、傷が付きにくいことで知られていますが、一定方向から加えられる力には弱いので、ガンッと強くぶつけたりした場合に傷がついたり、欠けたりすることがあります。ダイヤモンドの傷はリカット(再研磨)で修復することができますが、費用がかかることがほとんどですし、し、ダイヤモンドも小さくなってしまいます。リカットを手掛けるところも少ないので、現実的ではありません。こちらも費用はかかりますが新しいダイヤモンドを付け直してくれるお店もありと思います。

【ダイヤモンドや金属の曇りはどうする?】
婚約指輪や結婚指輪はずっと身に着けていると、輝きがだんだんと鈍ってきます。これは皮脂や汚れなどが付着するため。女性は指輪を着けたままお肌のお手入れやメイクをすると、化粧品の油分が指輪についてしまい、これも曇りの原因になります。お肌のお手入れやメイクをする時には指輪は外すのはもちろん、1日の終わりには柔らかい布などで優しく指輪を拭いておくと、輝きをあまり鈍らせることなく毎日、身に着けることができます。

曇りが気になってきたら、コップ一杯のぬるま湯に中性洗剤数的を溶かした液に指輪を入れて振り洗いを。汚れが気になる場合は、しばらくその液に浸しておくといいでしょう。その後、水でさっと流して、柔らかな布で水分をふき取ります。

【購入ショップでのアフターケアで指輪を甦らせよう】
気を付けて身に着けていたとしても、指輪のゆがみや傷、くすみなどは起こってしまうもの。そんな時は、購入ショップのアフターケアを利用しましょう。サイズが合わなくなったり、ゆがんだりしたままで身に着けていると、紛失の原因にもなりますので、早めに購入ショップへ。

多くのショップでは、リングのゆがみやダイヤモンドのゆるみ、サイズ直しなどに対応してくれます。また、超音波でのクリーニングを行えば、見違えるような輝きを取り戻すこともできます。リング表面の傷が気になる場合は、磨き直しをして新品同様にすることも。無料で行ってくれるもの、料金が発生するものがありますので、詳しくは購入ショップに問い合わせを。

アフターケアはショップにより対応がさまざまですので、婚約指輪・結婚指輪を長く美しく愛用したいと考えるのなら、購入時にアフターケアの内容もチェックすることをお勧めします。