ダイヤモンドが輝く婚約指輪(エンゲージリング)。ダイヤモンドをどのように留めるかで、イメージや輝き方、ダイヤモンドを支える強度が変わって来るのをご存知でしたか?

今回は、留め方の方法について詳しくご紹介。デザイン性で選ぶだけでなく、宝石を留める方法を学んで、自分の気持ちにぴったりフィットする理想の1本を見つけましょう。

 

■ダイヤモンドのセッティングとは?

ダイヤモンドを地金に留める方法をセッティングと言います。セッティングには大きく分けて「爪あり」と「爪なし」の2つのタイプがあります。

 

「爪あり」のソリテールは、大きな一粒ダイヤモンドがリングのセンターで輝くデザイン。「エンゲージリング」と聞いて最初に思い浮かぶデザインです。爪の数が少ないほど光を取り込んで大きく輝きます。

一方、「爪なし」は、モダンでスタイリッシュな印象を与える留め方です。様々な種類のデザインがあるので、自分らしさやコーディネートのしやすさで選べるのがポイントです。詳しい特徴は、以下のダイヤモンドのセッティングを確認してください。また、画像検索をすることで、想像がつきやすいでしょう。お店に行く前の参考にも是非どうぞ。

 

■ダイヤモンドのセッティングの種類

【爪あり】…「ブロングセッティング」と呼ばれることも。婚約指輪の王道デザインです。立て爪の数で特徴が変わります。

 

  • 6つ爪

6つの爪で支える代表的なデザイン。ティファニー社が考案したことから「ティファニーセッティング」とも呼ばれています。指先でしっとりした輝きを放ち、ノーブルな印象を与えるデザインです。

 

  • 4つ爪

4つの爪で支えるデザイン。光をたっぷりと取り込み、ダイヤモンドの持つ輝きを最大限に生かします。上質で華奢なセッティングは女性の指先をたおやかに彩ってくれます。

 

【爪なし】…ダイヤモンドを支える爪のないデザイン。留め方も様々で個性的な印象になる。

 

  • テンションセッティング

地金に切り込みを入れ、宝石を挟み込むようにセッティングする方法。宝石が宙に浮かぶようなセッティングで、個性的な雰囲気に。不思議なデザインに視線が集中!人と差がつくモードなデザインです。

 

  • ベゼルセッティング

爪ではなく、地金に台を作り、ダイヤモンドを包むクラシカルなデザイン。高さはありませんが、引っかかる心配がなく丈夫です。台のデザインや、ダイヤモンドのシェイプ(カタチ)によって、個性的な印象にすることも可能。指輪を毎日身に着けたい花嫁にぴったりです。

 

  • レールセッティング

複数のダイヤモンドの両サイドから地金で挟み込むセッティング。出っ張りがないので、他のリングと重ね着けしやすく、スタイリッシュな印象に。エンゲージリングにも、マリッジリングにもおすすめです。

 

  • 彫り留め

地金に穴を開け、ダイヤモンドを埋め込む方法。シンプルなマリッジリングに小粒のメレダイヤを埋め込む時に用いられる技法です。シンプルな指輪に輝くさりげない彩りを楽しめます。

 

■身につけるシーン別でセッティングを選ぶのも◎

ダイヤのセッティング方法は実に様々。自分の好みの雰囲気や、生活スタイルに合ったものを選ぶのがおすすめです。

「仕事中も結婚指輪とレイヤードしたいから、丈夫なレール留めにしよう!」、「ダイヤモンドは特別な日だけ身につけたいから、たて爪の豪華なリングが良い」など、着けたいシーンによって選ぶのも一つのアイデアです。

エンゲージリングは一生の宝物。彼と一緒に悩み抜いて最高のリングを見つけてください。