少しずつ太陽の光が和らいで、木の葉も色づく秋。それが過ぎれば、街中がイルミネーションで輝く冬に入ります。過ごしやすいこの季節はウエディングにもぴったり。会場を彩る装花やブーケにはどんなお花を使いましょうか?今回は、秋と冬、それぞれの季節にぴったりの会場演出や、お花をご紹介します。

■秋のウエディングの魅力
過ごしやすい秋のウエディング。会場の外に出てガーデンパーティを楽しめるのもこの季節ならでは。そのままたくさん写真を撮影すれば色づく自然の風景をバックに素敵な思い出を残せるでしょう。
また、屋内のウエディングでも、季節感たっぷりのシックな色合いでコーディネートすると秋らしさも一段と深まります。
和のウエディングには、お月見などのキーワードを取り入れて「うさぎ」や「お月様」などのモチーフを散りばめてみては?和装にも映えるダリアやピンポンマムなどキク科のお花もこの時期に旬を迎えるのでぜひ取り入れて。

■シックな色合いや実ものを取り入れて
会場装飾やテーブルコーディネートにも秋らしさをひと匙プラス。葉っぱが色づく季節を象徴するように、ワインレッドやイエロー、パープルなどこっくり深い色を装飾に取り入れるとGOOD。
秋は収穫の時期でもあるので、小さなリンゴや木の実をアクセントにすると可愛らしくまとまります。

■秋のウエディングにぴったりのお花
少しくすんだ色合いが大人っぽいお花が咲く季節。装花やブーケに取り入れると深みのある秋らしいコーディネートが完成します。
●ダリア
大きな花びらが豪華な印象を与えるダリア。鮮やかな赤やくすんだピンクなど色の種類も豊富です。シックで大人っぽい雰囲気。

●トルコキキョウ
ひらりとした花びらが愛らしいお花。花言葉は「優美」「希望」など。秋の結婚式のブーケによく使われる定番のお花です。

●ピンポンマム
コロンと丸いフォルムがかわいいお花。ホワイトやイエロー、ピンクなど様々な色が揃っています。キク科のお花なので和装にも似合います。

●コスモス
可憐な花びらが風に揺れる優美な姿が愛らしい、秋を代表するお花。花言葉は「調和」、「謙虚」、「乙女の真心」です。

●カトレア
大ぶりの花びらが華麗なラン科のお花。格調高い雰囲気で、ブーケやブートニア、装花にプラスすると豪華な雰囲気が増します。

■冬のウエディングの魅力
季節が冬に向かうと、クリスマスやお正月、バレンタインなど晴れやかなイベントが目白押し。そのゴージャスな雰囲気をウエディングにも取り入れてみてはいかがでしょうか?
例えば、クリスマスツリーや門松をイメージしたテーブル装花。レッドやホワイト、ゴールドやシルバーなど、ほかの季節とは一味違う鮮やかな色合いでテーブルをコーディネート。
また、キラキラしたイルミネーションが輝くナイトウエディングもロマンティックなムードになると人気だとか。

■ファーや雪の結晶など冬イベントのモチーフ
冬はどうしてもお花の種類が少なくなる季節。そこで、装花やコーディネートにも冬らしさが滲み出るモチーフを活用するのがオススメです。例えば、ふわふわのファー素材や、ほっこりした雰囲気になるニット素材をテーブルコーディネートに取り入れるとあたたかな空間に。
ラメやグリッターでキラキラしたきらめく雪の結晶やハートモチーフを取り入れて、季節感たっぷりに演出してみましょう。

■冬のウエディングにぴったりのお花
澄み切った冬の空気に、レッドやホワイトなど鮮やかな色の花材が映える季節。キラキラした季節にぴったりの豪華なブーケで彩って。

●クリスマスローズ
ピンクや白の可憐なお花。寒い時期に花を咲かせることから「冬の女王」と呼ばれているとか。

●ポインセチア
真っ赤な葉っぱが印象的。クリスマスムードを盛り上げてくれることでしょう。