ダイヤモンドの婚約指輪(エンゲージリング)を探そうと、雑誌やホームページなどを開いた時に、“カラット”という文字を目にしたことはありませんか?この、カラットはダイヤモンドを選ぶときに基準となる単位です。大きさを示す単位だと思われがちですが、実は重さを示す単位。今回は、この単位についてご紹介すると共に、ダイヤを選ぶときの基準について考えて見たいと思います。

 

  • カラット数とは?
  • カラット=重量

「10カラットのダイヤ」と聞くと、大きなダイヤなのかな?と思いがちですが、実はカラット数はダイヤの大きさを示すものではなく、重量の単位。しかし、1ctの重さは0.2グラム、直径は6.5ミリになり、重量が上がるほどダイヤモンドの直径も大きくなります。カタログなどでは10カラット「10ct」と表記します。

カラット数が大きいダイヤモンドほど採掘量が少なく、希少価値も高まるため、価格も上がると言うわけです。

 

 

  • カラットの歴史

カラットと呼ばれ始めたのは紀元前のこと。当時、ダイヤモンドを計量するときに使用していた豆「カロブ」が語源だと言われています。なぜ、この豆が使用されたのかと言うと、カロブ一粒の重さが1ctと同じ約0.2グラムだったからなのだとか。実は豆の名前とは意外ですね。

 

  • 人気は3カラットダイヤ

婚約指輪のダイヤモンドは0.3〜0.5カラットが多いそう。ただし、指の太さや雰囲気などによって似合うサイズは変わってくるので、必ずしもこのカラット数が万能というわけではないようです。

また、今はあまり似合わないけど将来を見据えて大きなダイヤモンドにしておく、と言う考え方もあります。ダイヤモンドはずっと身に付けられる宝石。年齢を重ねるごとにボリュームのあるダイヤモンドリングも似合ようになります。その時のために大きめを選ぶのもアリ。ショップで試着をしながら予算内で叶う、理想のリングを探してください。

 

  • ダイヤモンドを大きく見せるカット&デザイン

限られた予算の中では大きなカラット数のダイヤを買うのは無理。だからと言って背伸びをすれば、挙式や新生活に負担がかかってしまいます。そんな時は、デザインやカットに注目して見ましょう。工夫されたデザインならダイヤモンドをより大きく見せることも可能です。

 

【カット】

  • ペアシェイプ

ダイヤモンドのカットの一つで洋梨のような下に向かって広がるデザイン。涙の雫のようにも見えることから“ティアドロップ”とも呼ばれます。通常のカットよりも大きく見え、個性的なデザインを好むおしゃれな花嫁に人気なのだとか。

 

【デザイン】

  • スリーストーン

真ん中のダイヤを挟むようにサイドに小さなダイヤを配置したデザイン。真ん中のダイヤが引き立つ上に輝きも増してダイヤが大きく見えます。サイドのダイヤをピンクやイエローなどカラーダイヤにしても個性が出て素敵です。

 

  • 取り巻きデザイン

真ん中のダイヤを包むようにぐるりと小さなダイヤで囲んだデザイン。華やかな上にダイヤの存在感も増して指先をゴージャスに彩ります。

 

 

  • 台座の高いデザイン

ダイヤモンドなど宝石の下の部分を台座と呼びます。この台座が高ければ高いほど光をたっぷりと取り込み、輝きが増します。大きく見える効果も抜群なので、試着の際には注目してみると良いかもしれません。

 

  • ふたりの価値観が合うダイヤモンドを見つけて

婚約指輪はふたりが納得の行く予算で選びたいもの。デザインやカラット数など、何を優先させたいか、ふたりで話し合って決めておくと良いでしょう。

ダイヤモンドが大きな婚約指輪の方が良い!と言うふたりは、ジュエリーショップで「カラット数が大きな指輪が希望です」と伝えると安心です。

予算内で考えると小さなダイヤになってしまいそうでも、デザインを工夫すればダイヤも大きく輝きます。

ふたりの気持ちにぴったり寄り添う指輪が見つかると良いですね。