結婚指輪(マリッジリング)には、ダイヤモンドが付いているタイプと付いていないシンプルなタイプがあります。シンプルなリングが主流ですが、華やかなダイヤ入りも捨てがたいものです。そこで今回は、ダイヤモンド入りの結婚指輪のメリットとデメリットについてご紹介します。

■ ダイヤモンドはありorなし?メリット&デメリット

結婚指輪は毎日身に着けるものだから、飽きのこないデザインにしたいもの。でも、ダイヤモンドが指で輝くリングも捨てがたい…。どちらも素敵ですが、結婚指輪としてのメリットはどんなところにあるのでしょうか?

  • ダイヤなし
    ダイヤモンドが入っていないデザインは、どんなシーンでも気にせず身に着けることができる汎用性の高さが魅力。堅い雰囲気の職場で働く方や、お葬式などでは光るアクセサリーは敬遠されてしまいますが、シンプルなプラチナのリングならそのまま身に着けていても目立ちません。まるで体の一部のように毎日気負わず身に着けたい方におすすめです。
    デメリットは他の人とデザインがかぶってしまう可能性が高いところ。そんな時は、婚約指輪やファッションリングなど他のアイテムと重ね着けをすればおしゃれにコーディネートできますよ。
  • ダイヤあり
    一方、ダイヤモンド入りのデザインのメリットはデザインバリエーションが豊富で特別感を味わえるところにあるでしょう。他の人とはちょっと違う個性的な指輪を身に着けたい方におすすめです。
    デメリットは、ぶつけたりしてダイヤモンドが外れたりしないか心配しなくてはいけないという点。ただし、はずれにくいダイヤモンドの留め方もあるので、そのようなデザインを選ぶなど、気を付ければ問題はありません。

 

■ダイヤモンドが外れた時はどうしたら良いの?

ダイヤモンドの付いたリングはほとんどが修理可能なのでご安心を。まずは、買ったお店に持ち込み、修理が可能か聞いてみましょう。お店によっては、保証期間中は無料や割引でサービスを受けることが可能な場合もあります。
ダイヤが外れる原因は数々ありますが、何らかの衝撃によりダイヤモンドを留める爪やリングそのものがゆがんでしまう場合が多いのだとか。下記のような爪のない外れにくい留め方や素材を選択すると良いでしょう。普段から指輪をぶつけないように気を付けておくと◎。

また、定期的なメンテナンスも有効。少しゆがんでいるように思えたらすぐに購入店にご相談を。購入する時はアフターサービスが充実しているかどうかを確認するのも重要なポイントです。

 

■ダイヤモンドが外れにくい留め方&素材

  • 留め方
    (1)彫り留め
    地金を彫り、その中に宝石を設置する方法。爪のないデザインで宝石がこぼれにくい。
    (2)レール留め
    エタニティリングやハーフエタニティリングに使われる方法で、上下のレールで宝石を留めるデザイン。頑丈さが特徴
  • 素材
    金属は純度が高いほどゆがみやすく、反対に低いほど頑丈です。例えばゴールドでは、K24よりはK18。プラチナであれば、Pt999よりPt950が耐久性が高くなります。

いずれも他の留め方や素材よりも少し頑丈というだけで、形ある品物なので、絶対に安心というわけではありません。おふたりの気持ちが詰まっている指輪だからこそ、大事に着けてほしいと思います。

 

■ダイヤモンドの着いた結婚指輪で冠婚葬祭に出席する時

ダイヤモンドの付いた指輪は華やかな印象を与えます。そのため、結婚式や入園、入学式などお祝いの席にはぴったり。反対にお葬式の時は、豪華なダイヤ付きの指輪は外すのが基本的なマナー。急に葬儀に参列しなければならなくなった場合には、石の部分を手のひら側にまわしておけば目立たないので良いでしょう。

 

こまめにメンテナンスをすれば、ダイヤモンドの付いた結婚指輪でも長く大切にできます。ぜひ、お気に入りのリングを選んでくださいね。