結婚の証に二人で着ける結婚指輪は、一生使うだけに、心から気に入った物を選びたいですね。そのためには、結婚指輪の相場がどれくらいかも知っておきたいもの。結婚指輪を選ぶ上で参考にしたい、平均的な価格や予算、結婚指輪の値段を決める要素などについてご紹介します。

 

 

<結婚指輪の平均的な価格は?>

結婚指輪は、二人そろって結婚の証に着ける物。婚約指輪は男性から女性へプロポーズの際に贈ることが一般的ですが、結婚指輪に決まりはありません。婚約指輪と同じように男性からプレゼントしたり、二人で購入したり、お互いに贈り合ったりと、カップルによってさまざまです。

価格の相場は婚約指輪よりも低めで、夫婦2つ分の平均価格は25万円程度となっています。結婚指輪は日常的に着けたまま生活するため、シンプルなデザインが多いのも価格が控えめな理由でしょう。女性の指輪のほうが宝石などの装飾があったり、デザインが凝っていたりすることが多く、男性の指輪より高価になる傾向があります。

 

<みんなどうやって結婚指輪を選んでいるの?>

結婚指輪と一口にいっても、ブランドやデザイン、素材などはさまざまです。ペアで選ぶのはもちろん、男女別々のデザインでも問題ないので、二人の好みや希望に合わせて選ぶことができます。
ここでは、デザインや価格など、結婚指輪を選ぶ際の基準についてご紹介します。

 

1 デザイン

結婚指輪は、基本的に仕事や冠婚葬祭など、どんなときでも身に着けられる物。そのため、日常生活でも着けやすいシンプルなデザインを選ぶ人がほとんどです。また、婚約指輪も普段使いしたいという方は、重ね着けしたときの見た目やバランスなどを重視するようです。そのため、婚約指輪とセットでデザインされた結婚指輪も人気です。

 

2 価格や素材

結婚指輪はダイヤモンドなどの装飾がないため、選ぶ素材が価格に大きく影響します。婚約指輪と同様、プラチナやゴールドが使われていることが多いですが、最近では金属アレルギーの起こりにくいジルコニウムや、強度の高いチタンなども人気を集めています。高価なプラチナやゴールドよりも、チタンやジルコニウムを選んだほうが価格は安くなります。素材の好みや品質、価格を考慮して素材を選ぶのがおすすめです。

 

3 使いやすさ

家事をしているときも着けることの多い結婚指輪は、はめやすさや傷のつきにくさ、着け心地などが重視されます。傷をつけないか心配したり、違和感を我慢したりしながら着けるのでは、仕事にも家事にも身が入りませんよね。くすみにくい素材や汚れにくいデザインなどを選ぶことで、使いやすさも向上するでしょう。

 

4 ブランド

ブランドで結婚指輪を選ぶという方法もあります。いつもは手が出ない憧れの高級ブランドでも、一生に一度の結婚指輪なら、少々贅沢をしてみても良いのではないでしょうか。また、気に入っているジュエリーブランドの結婚指輪なら、普段使っているアクセサリーとの重ね着けも違和感なくできるでしょう。
結婚指輪でもダイヤモンドの質にこだわりたいという方には、世界基準のダイヤモンドカット技術を持つラザール ダイヤモンドがおすすめです。ダイヤモンドが輝く指輪を見る度に、幸せな気持ちになれそうです。

 

5 オリジナリティ

デザインやオリジナリティにこだわりたい方は、手作りやオーダーメイドも良いでしょう。作りたいデザインや質感に合わせて素材を選んだり、自分自身でリングに刻印を入れたり、購入するだけでなく作ることも楽しめます。二人の思いを形にすることができ、イメージにぴったりの指輪を手に入れられるでしょう。
ラザール ダイヤモンドでは、既存のサンプルデザインを基にセミオーダーで作ることが可能です。既存のデザインでは物足りない、オリジナリティを加えたいという方におすすめです。

 

<結婚指輪のアームのデザイン>

指輪の輪の部分をアームといいます。婚約指輪よりもシンプルなデザインが多い結婚指輪は、アームによって印象が大きく変わります。代表的なアームのデザインについて、それぞれの特徴を見ていきましょう。

・ストレート
最もベーシックなストレートは、性別やシーンを問わず着けやすいデザインです。直線のリングは、普段あまりアクセサリーを身に着けない方でも、比較的着けやすいのではないでしょうか。シンプルなだけに、アームの幅やカラーなどで、二人の個性を出すのがおすすめです。

・V字
V字のリングは、文字どおりアルファベットのV字を描くデザインで、指を長く見せてくれると女性に人気です。関節が太めの男性にもおすすめできるでしょう。V字の角度によって印象が大きく変わるため、いろいろと試着して自分にぴったりのV字ラインを見つけてください。

・S字(ウェーブ)
S字のリングは、アームがゆるやかなS字の曲線を描いたデザインで、ウェーブとも呼ばれます。指のなじみが良いのが特徴で、指輪を着け慣れていない方でも違和感が少ないでしょう。曲線が指を細くすっきりと見せてくれるので、指が太く短めの方でも、きれいに見せてくれます。

・エタニティ
ダイヤモンドがアームに敷き詰められたエタニティは、婚約指輪にも使われる華やかなデザイン。引っ掛かりや価格が気になる場合は、アームの半周のみにダイヤモンドが敷かれたハーフエタニティもおすすめです。

・幅広アーム
アームの幅が広いリングは、カジュアルな印象で男性でも着けやすいデザインです。また、幅の広さを活かして、模様や金属の風合いを楽しめることも、幅広リングの特徴です。一般的な結婚指輪のアームの幅が2.5~3.0mm程度なので、3.5mm以上から幅広とされるでしょう。石が入っていなくても存在感があり、個性的な結婚指輪を探している方におすすめです。

 

<買うタイミングや着け始めるのはいつから?>

婚約指輪はプロポーズ前に購入し、婚約期間中に着ける方が多いですが、結婚の証となる結婚指輪に、購入するタイミングや着け始める時期に決まりはあるのでしょうか。
ここでは、結婚指輪の購入のタイミングや着け始める時期についてご紹介します。

 

購入するタイミング

結婚指輪を購入するタイミングとしては、これまでは挙式で指輪の交換をするため、その前に買うことが一般的でした。しかし、指輪の交換がない神前式や仏前式、結婚式をしないケースも増えてきているため、それぞれのタイミングで購入するカップルが多いようです。

・家族への挨拶の後
プロポーズ後にお互いの家族への挨拶をして、正式に結婚を認めてもらってから買うというカップルもいます。結婚指輪を購入してから手に入るまでに時間がかかることを考えて、挨拶や挙式の時期を考えて準備する必要があります。

・結婚式の前
挙式で指輪の交換を行う場合は、挙式の半年~3ヵ月前には購入しておくと安心です。結婚式の3ヵ月前から準備が忙しくなる傾向があるため、余裕のある時期に購入しておきましょう。

 

着け始める時期

結婚指輪を着け始めるタイミングに明確な決まりはありませんが、結婚したことを実感するタイミングで着けるカップルが多いようです。

・購入してすぐ
タイミングにこだわらない場合は、購入してすぐに着け始めるというカップルもいます。せっかく購入した結婚指輪ですから、手に入ったらすぐに着けたいというのも納得できますね。結婚指輪が手に入ってから結婚式まで時間があるカップルの場合、結婚式までに一度クリーニングしてもらうと良いでしょう。

・入籍した日
結婚式をしないケースや同棲している場合など、結婚したことを実感しやすい入籍日から着け始めるというカップルもいます。婚姻届と結婚指輪をいっしょに写真を撮るカップルも多く、記念にもなるのではないでしょうか。

・結婚式当日
結婚式を行うカップルの場合、挙式を結婚の節目と考え、当日までは着けないことが多いようです。指輪の交換で初めて結婚指輪を着けるのも素敵ですね。

 

<結婚の証となる結婚指輪は早めに準備しておこう>

結婚指輪はペアで着ける物であり、毎日着ける方が多いため、結婚したことを実感できるアイテムです。
価格の相場は気になるものの、一生着ける物であるだけに、デザインにもこだわって購入したいもの。早めに準備を始めて、二人のお気に入りの結婚指輪を選びましょう。