ダイヤモンドの付いた婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)。買った時の輝きをずっとキープしたいものです。しかし、ちょっとした汚れが付着した時に取り除きたいけど、宝石に触れるのは傷つけてしまいそうで少し怖いのではないでしょうか?

そこで、今回は自宅でできるケアの方法や保管方法について詳しくご紹介します。

 

  • ダイヤモンドがくすむのはなぜ?

リングのダイヤモンドがくすんで輝きが鈍くなるのはなぜなのでしょうか?原因はホコリや汚れなど様々ですが、一番の原因は油脂。手の汗や皮脂、ハンドクリーム、化粧品などが付着して輝きが失われてしまうという訳です。

 

  • 毎日のケアはどうしたらいいの?

マリッジリングなど、毎日身に着ける指輪の場合は「くすんできたな…」と感じたら、メガネ拭きなど柔らかい布で優しく拭いてあげると良いでしょう。すると輝きがよみがえります。

 

  • ダイヤモンドがついたリングの保管方法

特別な日に着けるエンゲージリングや、マリッジリングを毎日身に着けない方は、適切に保管することでくすみが防げます。

基本は、購入した時のジュエリーケースにしまうこと。ホコリやゴミが積もって固まるのを防げるので、いつまでも美しい輝きをキープできます。

購入当時のケースを紛失してしまい、新たにケースだけ購入する場合もコレクションケースのように、たくさんのジュエリーを保管できる物よりも、独立したケースを買うのがオススメ。他のジュエリーの地金などがぶつかり傷つくのを防ぐため、個別保管をするようにしてください。

また、身に着けた後は拭いてから保管すると、輝きをキープできます。

 

  • ダイヤモンドのお手入れ方法

毎日お手入れをしていても、しつこい汚れが着いてしまった場合はどうしたら良いのでしょうか?ここでは自宅でできるお手入れの方法をご紹介します。

 

  • ダイヤモンドのセルフケア方法

<気をつけること>

洗剤や水、歯ブラシなどを使用するので、パールなど水分や熱に弱い金属や宝石が入った指輪は絶対に以下の方法で行わないこと。

また爪が緩んでいる場合も、宝石が落ちる原因になるので、避けてください。

素材が水に弱いかどうかわからない場合は、必ず事前に購入店に相談を。

 

<必要なアイテム>

・食器洗い用の中性洗剤

・ぬるま湯

・歯ブラシ(柔らかめor使い終わったもの)

・キッチンペーパー

・洗剤を入れるトレイ、ぬるま湯を入れるトレイ

 

 

<手順>

  1. 洗剤をぬるま湯に入れよく溶かし、指輪を沈めます。頑固な汚れが付着している場合は、長めに浸けておくと良いでしょう。
  2. 歯ブラシを1に浸して洗剤液を付け、指輪を洗います。この時、力任せにこすると傷が着いてしまうので、必ず優しく撫でるようにブラッシングしましょう。
  3. 表面はもちろん、洗い忘れが多い指が直接触れる裏側もしっかり汚れをとります。
  4. ぬるま湯を入れたトレイに指輪を移してすすぎます。洗剤が残らないようにぬるま湯を何度か入れ替えて、しっかりと汚れを落とし、洗浄後はキッチンペーパーできちんと水分を取りましょう。

 

  • お店でのクリーニング

セルフクリーニングでも汚れが取れない場合は、プロにお任せしましょう。セルフケアでは難しい、細かい汚れもキレイになります。ショップにもよりますが、爪のゆるみや、リングの歪みもメンテナンスしてくれる事も多く、安心してお任せできますよ。

まずは、どんなアフターケアに対応可能か購入店に相談してみましょう。

 

結婚の記念に購入した大切な指輪。輝きをキープしたままずっと大切にしたいものですね。上記の方法でクリーニングをしたり、時にはプロに任せたりしながらケアをしていきましょう。