絶対に喜ばれる!婚約指輪のベストな渡し方と指輪を紹介
 
プロポーズの際に婚約指輪を用意し、女性に贈ろうと考えている男性は少なからずいるはず。でも、婚約指輪を用意することだけに気を取られて、渡し方についてはあまり考えていないという方もいるのではないでしょうか。今回は、婚約指輪を渡すおすすめのタイミングや場所、渡し方をご紹介します。
 

婚約指輪を渡すタイミングは?

 
婚約指輪を渡すタイミングは?
 
プロポーズと婚約指輪に対する意識調査によると、6割の男性がプロポーズのときに婚約指輪を贈りたいと考えていることがわかります。
テレビや映画などで、プロポーズの言葉とともにサプライズで婚約指輪をプレゼントする、というシチュエーションをよく見ます。こうしたメディアの強い影響もあり、プロポーズのときに婚約指輪をサプライズでプレゼントするというのは、女性だけでなく男性にとっても当たり前のものとなっているようです。
 
hanayumeの調査によると、約5割の男性がプロポーズの後に婚約指輪をプレゼントしているそうです。理由としては、「せっかく買ってもプロポーズを断られてしまっては意味がない」という少々弱気な意見もあれば、「彼女の指のサイズが分からない」「彼女の好みが分からない」といった彼女を思いやる意見もあるようです。
 
婚約指輪は決して安い買い物ではありませんし、必ずしもプロポーズのときに必要というわけではないため、悩んでいるならばプロポーズ成功後に用意することをおすすめします。
 

婚約指輪を渡す場所は?

 
婚約指輪を渡すことは、一生に一度の貴重な出来事のひとつです。渡すタイミングはもちろん、渡す場所にもこだわりたいですよね。ここでは、婚約指輪を渡すのにおすすめの場所や注意したい演出についてご紹介します。
 

高級レストラン

 
王道のパターンとしては、普段は行かないような高級レストランを予約して、そこでプロポーズするというものです。ふたりの憧れのお店でも良いでしょう。
プロポーズに協力的なレストランは多く、中には特別なプランを用意してくれるところもあります。周囲の協力を得られることから、成功しやすいというメリットがあります。
 

ホテル

 
周囲の力を借りられるという点では、ホテルでのプロポーズもおすすめです。ふたりきりになれるのはもちろんのこと、非日常感も演出できます。普段はなかなか泊まれないようなハイクラスのホテルや上質なスイートルーム、夜景の見える部屋などシチュエーションを選べるのも嬉しいポイントです。
 
ホテルスタッフの協力を得られれば、事前に部屋を装飾してもらったり、ちょうど良いタイミングで花束を持ってきてもらったりすることができます。ルームサービスの注文と見せかけて、婚約指輪を登場させるサプライズもできるかもしれませんね。
 

演出には注意が必要

 
一方で大勢の前でのプロポーズやフラッシュモブなどの大々的な演出は、現実主義の女性だと引かれてしまう可能性があります。相手の女性がどんなことを好み、どんなことを嫌うのか、きちんと確認しておきましょう。
指輪を用意するタイミングなどについてお悩みの方は、プロポーズに指輪は必要?用意するタイミングや渡し方は?も参考にしてみてください。
 

婚約指輪の渡し方は?

 
婚約指輪の渡し方は?
 
一大イベントの贈り物をそのまま渡すわけにはいきませんよね。一生にまたとない思い出となりますから、婚約指輪の渡し方にもこだわってみましょう。
 

女性の憧れ、正統派の箱パカ

 
婚約指輪の渡し方として最もポピュラーなのは、彼女の前にリングボックスを差し出し、蓋をパカッとあけてプロポーズの言葉とともに婚約指輪を贈るというもの。あまりにベタな感じもしますが、これが憧れという女性も少なくありません。
 
購入したショップで用意してくれるボックスを使うのが簡単ですが、もう一工夫したいのであれば、ユニークなリングボックスなどを用意するのもいいでしょう。最近、海外のSNSで話題になったものとしては、「アボカド・プロポーズ」があります。これは、アポカドを二つに割ってタネをくりぬき、その中に婚約指輪を入れて指し出すというもの。アボカドのケースは意表を突くものではありますが、時間が経つと果肉が変色してしまうので、見た目はあまり美しくないかも?
 

花やぬいぐるみなどに忍ばせて

 
リングボックスではなく、花やぬいぐるみなどに忍ばせて渡すという方法もあります。たとえば、ブリザーブドフラワーのお花の芯に婚約指輪を留めたり、ぬいぐるみの手に持たせたり、ポケットに入れたり……。オルゴールの中に入れておき、彼女が蓋を開けると軽やかなメロディとともに婚約指輪が顔をのぞかせるというのも面白いアイデア。
 
花やぬいぐるみのプレゼントかと思いきや、婚約指輪のプレゼントだった!という意外性がミソ。ただし、しっかり取り付けないと、婚約指輪が紛失する恐れがあるので、そこだけはご注意を。
 

室内に飾っておく

 
箱パカが恥ずかしいという方は、自分の部屋やホテルなどにあらかじめ婚約指輪を飾っておくという方法はいかがでしょうか? テーブルの上にリングトレーに乗せた婚約指輪をおき、彼女が自然に見つけるように誘導してもいいでしょう。花びらを敷き詰めたトレイの上に飾っておけば、一目で気が付いてくれるはず。
 
彼女を先に部屋に通し、婚約指輪を見つけてもらい、その後に現れてプロポーズというのもドラマチックです。 また、部屋中を風船でいっぱいにして、その中のひとつの風船にリボンで婚約指輪を着けておくのもロマンチックな演出。指輪をつけた風船だけハート型にしたり、色を変えたりすると分かりやすいですね。
 

ペットに手伝ってもらって

 
愛犬がいるのなら、犬の首や背中にカゴなどをつけて婚約指輪を入れ、彼女の元へ運んでもらうというのもありかも。猫やウサギ、ハムスターなどのペットでもいけるかもしれませんね。ほのぼのとしたプロポーズになりそうです。
 

彼女に探してもらう

 
宝探し風にして、彼女に婚約指輪を探してもらう方法もあります。自宅などでいくつかの場所にカードを仕込んでおき、カードに書かれた指示通り行動すると、婚約指輪を隠した場所にたどり着けるという仕掛け。ワクワク感が楽しめるし、いつまでも思い出に残るはずです。
 
なお、プロポーズの際に婚約指輪を用意せず、後で一緒に買いに行きたいという方もいることでしょう。そんな場合も、婚約指輪は男性の手からドラマチックに渡したいもの。上に紹介したような方法で、改めて婚約指輪を渡しながらプロポーズするときっと喜ばれるはずです。また、ダイヤモンドだけを先にプレゼントして、後でリング(枠)のデザインを彼女に決めてもらうという方法もあります。
 

サプライズで指輪を購入するリスク

 
サプライズで指輪を購入するリスク
 
テレビや映画で定番となっているシチュエーションにならって「サプライズで指輪をプレゼントしたい」という男性も多いですが、サプライズで指輪を購入するのにはリスクが生じます。ここでは、具体的にどんなリスクがあるのかをご紹介します。
 

指輪は一緒に選びたい

 
hanayumeの調査によると、一緒に指輪を選びたいと考えている女性は約49%と半数近くにのぼります。実際に婚約指輪を着けるのは女性ですし、男性に比べて女性の方がアクセサリーへのこだわりは強い傾向にあります。そのため、婚約指輪は女性と一緒に選んだほうがよいかもしれません。
 
なお近年では、婚約指輪のダイヤモンドの部分だけを男性からプレゼントして、指輪のデザインは女性自身が選ぶという方法をとるカップルが増えてきているようです。
 

サイズが合わない

 
サプライズで婚約指輪をプレゼントすると、「いざ着けてみたらサイズが合わなかった」という事態が起こることもあります。そのため、もし事前に婚約指輪を用意するのであれば、指のサイズを念入りに確認することが大切です。
 
すべての女性がサプライズでのプレゼントに喜ぶわけではありません。「自分で指輪のデザインを選びたかった」「指輪のサイズが合わなかった」などと、かえってガッカリさせてしまうこともあります。悲しい思い出にしないためにも、サプライズを行う際には事前準備を怠らないようにしましょう。
 

婚約指輪の選び方

 
「デザインもサイズも彼女の好みにぴったり合うものを選んで、喜んでもらいたい」というのであれば、彼女と一緒に選ぶことをおすすめします。デザインやサイズで失敗することがなくなるので、彼女に満足してもらえる婚約指輪を贈ることができます。
 
「サプライズでプレゼントしたいけれど、デザインをどうすれば良いのか分からない」という方は、彼女の写真を持ってジュエリーショップへ行き、店員さんに相談するのがおすすめです。店員さんの力を借りて、彼女に似合うデザインの指輪を選んでもらいましょう。本人に好みを聞くことができなくても、「自分に似合うデザインの指輪をちゃんと考えてくれた」と喜んでもらえるはずです。
 
サイズが分からない場合は、彼女が普段着けている指輪の内周をこっそり測定したり、友人を通じて聞き出してもらったりすることで確認できます。
 

婚約指輪でおすすめのデザイン

 
ここでは、婚約指輪におすすめのデザインをご紹介します。
 

ソリティア

 
指輪の中央に一粒のダイヤモンドをあしらった、婚約指輪の王道ともいえるデザインです。主に爪ありタイプと埋め込みタイプの2種類があります。華やかな爪ありタイプが人気ですが、日常使いしたい女性には埋め込みタイプもおすすめなので、女性の好みに合わせて選びましょう。
 

メレ

 
大粒のダイヤモンドの周りに、0.2カラット以下のメレダイヤモンドを散らしたデザインです。豪華な輝きが特徴的で、きらびやかなものが好きな女性にはぴったりです。「ソリティアより少し個性をだしたい」という方におすすめです。
 

エタニティ

 
指輪に沿って同じ宝石を途切れることなく配置している様が「永遠」を思わせることから、エタニティという名前がついています。
フルエタニティは指輪の全周に、ハーフエタニティは指輪の半周にダイヤモンドが並び、それぞれに違った輝きがあります。予算に合わせて選びましょう。
 

パヴェ

 
指輪に小さなダイヤモンドを石畳のように敷き詰めたデザインです。小さなダイヤモンドの一つひとつがきらめくので、ゴージャスな印象を与えてくれます。
 

婚約指輪の渡し方・選び方は慎重に

 
プロポーズの際に婚約指輪を渡すのであれば、場所や渡し方にこだわることが大切です。
プロポーズ&婚約指輪はふたりにとってかけがえのない思い出となるもの。趣向を凝らして、ぜひ素敵なプロポーズを!
 
婚約指輪の渡し方にお悩みの方は、こちらも参考にしてみてください。
「プロポーズしたつもり」は危険!彼女が喜ぶ婚約指輪の渡し方
一生の思い出に!彼女が喜ぶ婚約指輪の渡し方

ラザール ダイヤモンドの豊富なデザインについて知りたい方はこちら