MENU CLOSE

RESPONSIBILITY

ラザール ダイヤモンドの責任と取り組み

米国は、クリーンなダイヤモンド取引に熱心に取り組んでおり、さまざまな関連法案を採択しています。ニューヨークに本拠を構える、ラザール・キャプラン・インターナショナル社は、紛争ダイヤモンドの取引禁止など、その取り組みに全面協力しています。

キンバリープロセス等、世界的な協力体制へ

クリーンなダイヤモンド取引実現のため、ラザール・キャプラン・インターナショナル社は、関係地域政府、OECD、国連などが採択した関連決議案を支持。世界ダイヤモンド評議会(WDC)が提唱する保証システムの実施や、キンバリープロセス認証スキームに関する業界自主規制へのWDC決議案を遵守し、違法ダイヤモンド取引の排除に努めます。