MENU CLOSE

4C OF DIAMOND

4C OF DIAMOND

「4C」は、「カラット」 「カラー」 「クラリティ」「カット」の頭文字を表わすダイヤモンドの世界的評価基準で、この4つのバランスが優れているものほど、高く評価されます。

ラザール・キャプランは、1964年に世界中のジュエラーの信頼を得ている権威ある機関 GIA(Gemological Institute Of America)の名誉副会長に任命され、“輝き”を生み出す技術としての“カット”の重要性を説き、基準のひとつとして加えるよう提言し、この“4C”を完成させました。

ラザール ダイヤモンドの願いは、おふたりにお選びいただいたダイヤモンドを、おふたりの大切な時間の中で、毎日身に着けていただくことです。ラザール ダイヤモンドは、幸せの象徴となり一生涯輝き続けるダイヤモンドを、ご提供し続けます。

4C OF DIAMOND
Carat

Carat

「カラット」とはダイヤモンドの重さを表します。カラットが大きくなれば、ダイヤモンドは必然存在感を増します。ラザール ダイヤモンドでは、メレダイヤモンドのような小さなダイヤモンドでも、「カット」「カラー」「クラリティ」にこだわり、ダイヤモンドが放つ輝きを最大限に引き出します。

印象の違いが一番わかりやすいのは「カラット」でもあります。ぜひ、お好みや指とのバランスでお選びください。

Color

ダイヤモンドは、無色透明なほど希少価値が高まります。ピンク、ブルーなど特に美しい色の「ファンシーカラー」を例外に、無色に近いほど高評価。最高位は「D」カラーで、グレードが下がるにつれ黄色みを帯びていきます。

  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • k
  • L
  • M
  • N
  • OP
  • QR
  • ST
  • UV
  • WX
  • YZ
  • D
  • E
  • F

COLORLESS

無色

  • G
  • H
  • I
  • J

NEAR COLORLESS

ほぼ無色

  • K
  • L
  • M

FAINT YELLOW

わずかな黄色

  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R

VERY LIGHT YELLOW

非常に薄い黄色

  • ~Z

LIGHT YELLOW

薄い黄色

Clarity

クラリティは、宝石の透明度を表します。ダイヤモンドの内部、または表面にある天然の内包物の大きさや位置、数の度合いを一定の基準に基づいて格付け。10倍の拡大検査にて11段階で評価されます。ラザール ダイヤモンドは、原石への厳しい基準があります。ゆがみのない、希少な正八面体の「オクタヘドロン」を中心に厳選した原石を使用。質と形を追求し続けることにより、高い透明度を誇ります。

  • FL,IF
  • VVs1,VVs2
  • Vs1, VS2
  • SI1,SI2
  • I1,I2,I3

Cut

ラザール ダイヤモンドの最大のこだわりは、この「カット」技術。数学的理論に基づいた「アイディアルメイク」と丁寧な研磨で、ラウンドブリリアントカットの最高位である「エクセレント」評価に仕上げます。ダイヤモンドを七色に輝かせる理想のカッティングを施した「アイディアルメイク」は、暗いところでも僅かな光を捉え、奇跡の輝きを放ちます。

CUTTING TECHNIQUE FOR PERFECT BRILLIANCE