ずっと身に着ける結婚指輪はいつまでも美しく保ちたいもの。そのために必要なのは普段のお手入れと購入店でのメンテナンスです。この記事では、結婚指輪のお手入れ方法やショップのアフターサービスについてご紹介します。

【自宅でのお手入れ方法】
結婚指輪は日常的に身に着けていると、だんだんと輝きがなくなり、くすんでいるように見えてきます。これは人間の体から出る皮脂や化粧品などの油脂、ほこりなどによって引き起こされるもの。少しのくすみであれば、柔らかい布で優しく拭くだけで、すぐにきれいになります。例えば、1日に1回、夜寝る前や朝の身支度をする時など、時間を決めて指輪を拭く習慣を身に付けると、いつも美しい結婚指輪を身に着けることができます。

汚れがひどくなってきたと感じたら、水洗いをしてみましょう。コップにぬるま湯を入れ、そこに中性洗剤を数的垂らして洗浄液をつくります。この洗浄液に結婚指輪をしばらく浸した後、子供用の歯ブラシなどで優しくこすり洗いをします。結婚指輪の裏側の刻印部分は汚れが貯まりやすい部分なので念入りに。その後、きれいな水で洗い流し、柔らかい布でやさしく水気を拭き取れば輝きが戻ります。

水洗いはダイヤモンドが付いている結婚指輪でもOK。ダイヤモンドが付いている指輪は、爪の部分やリング裏に汚れが貯まりやすいので、丁寧に磨くのがお勧め。

【ショップでのクリーニング】
自宅でのお手入れの他、購入店でのクリーニングもお勧めです。多くのジュエリーブランドでは、アフターサービスとして無料でクリーニングを請け負っていますので、購入時に確認してみると良いでしょう。クリーニングの方法はショップによりさまざまですが、超音波洗浄器などを使用するところが多いようです。また、クリーニングと同時に、結婚指輪のゆがみなどもチェックしてくれます。

結婚指輪は高純度のプラチナやゴールドで作られているものがほとんど。これらは比較的柔らかいため、重い荷物を持ったり、力仕事をしたりするなど、手に大きな力が加わることで、指輪にゆがみが生じることがあります。ゆがみが生じると着け心地も悪くなりますし、メレダイヤモンドがあしらわれている結婚指輪の場合は、ゆがみによってダイヤを留めている爪がゆるみ、ダイヤが外れる可能性もあります。

ショップでは、クリーニングの際に結婚指輪の状態をチェックし、問題があれば対処法などを教えてくれますので、定期点検の意味でも時々は購入店でクリーニングをしてもらうといいでしょう。なお、結婚指輪のゆがみやメレダイヤ落ちなどは、アフターサービスで対応しているショップが多いので、保証期間や金額などを事前に確認しておくことをお進めします。

【表面の傷はどうする?】
先ほども説明したように、結婚指輪は比較的柔らかな素材で作られています。ですので、日常的に身に着けていると、どうしても細かな傷が表面に付いてしまいます。それは仕方のないことでもあり、ひとつの味わいと割り切るのも結婚指輪との付き合い方の一つでしょう。

どうしても気になる場合は、指輪の表面を磨き直して新品のようにすることもできます。ただし、これは指輪の表面の金属を削ることになるので、何度も行うことはお勧めしません。また、指輪のデザインによっては、磨き直しが難しい場合もあります。

なお、マット仕上げの指輪はずっと使い続けることで、マット感が薄くなってきます。こちらも同様に、仕上げ直しをして新品時と同様の質感を取り戻すことができます。以上のサービスもアフターサービスとして行うショップが多いので、確認してみましょう。

大切な結婚指輪ですから、普段からメンテナンスを欠かさず、いつまでも美しい状態で身に着けたいものです。