結婚式をより思い出深いイベントにするには、二次会が欠かせません。そこで今回は、ゲストとの距離も縮まる二次会での定番の演出や、景品選びのコツをご紹介します。

■二次会で人気の演出は?
結婚式とは違い、リラックスしたムードで行われる二次会。結婚式にお呼びできなかった友人や同僚を呼んで、みんなでワイワイ楽しめるように、演出も堅苦しくないものが人気です。プロフィールムービーや新郎新婦のスピーチは、もはや定番。また、ゲストも参加できる演出として、ゲームやクイズ、ビンゴは外せません。

披露宴に呼べなかったゲストのために、改めて結婚指輪の交換やファーストバイトを行うカップルも多いとか。ゲスト同士の交流を深めるために、チームを新郎と新婦のゲストをシャッフルしたり、クイズを新郎新婦に関する内容にしたりすると盛り上がること間違いなし。

■幹事との打ち合わせが成功の鍵
司会進行で幹事をお願いする場合は、演出も相談しながら決めるとスムーズ。招待するゲスト、会場の雰囲気や予算を決めて、演出の企画や段取りを決めましょう。
通話アプリやメールも便利ですが、できれば会って打ち合わせをする方がベスト。「幹事に何をお願いしたいか」を明確にし、リストアップしておくとトラブルも少なくて済むはずです。数人にお願いする場合は、結婚式当日までに何度か対面して話し合える機会を設けておくと◎
準備の時期は、結婚式の3〜4ヶ月前からだと、無理なく進められるでしょう。

■二次会の景品の平均予算
景品の予算は人それぞれ。まずは、新郎新婦でどこまでまかなえるか予算を決めておきましょう。結婚式とは違い、二次会は途中でキャンセルするゲストもいないとは限りません。余裕を持って予算を組んでおくことをオススメします。

■二次会の景品選びで気をつけたいこと
・価格に幅を持たせて
目玉ギフトが豪華であればあるほどゲームにも力が入るというもの。ぜひみんなが欲しくなるような、豪華なギフトを用意しておきましょう。
★例えば、ギフト券やエステのチケット、エスプレッソマシーン、琺瑯のお鍋、高級イヤホン、加湿器、高級肉など。

・地域の特産や季節感のある食材
ふたりの地元の特産品や、その季節ならではの食材があると盛り上がるはずです。
★例えば、お米やフルーツなど地域らしさが出る食材。カニやお肉など旬の食材など。重量があって持ち運びが大変なものは、挙式の後で配送できるような心配りをするとGOOD。

●テーマパークや温泉のチケットなど旬なアイテム
テーマパークや、温泉地、スパなど話題の場所のチケットは人気のアイテム。思い出もプレゼントできるギフトを取り入れてみてはいかがでしょうか?

・たくさんのゲストに行き渡るように配慮を
たくさんのゲストに喜んでもらうために、数を揃えるのもポイント。参加賞を作ってリーズナブルな価格のアイテムをお配りするのもいいでしょう。大量に購入する場合は、ネットショップなどを利用すると安く済む場合もあるので、上手に活用してみては。
★例えば、お菓子の詰め合わせ、石鹸、バスボムなど。プチギフトと被らないチョイスを。

・渡し方にも工夫を
細かなものをプレゼントする場合は、ラッピングを可愛くするなどアレンジで高級感もUP。
★ラッピングのアイテムは100円ショップにも可愛いものがたくさんあるので利用して。

■プチギフトも工夫を凝らして
ゲストを見送る時に渡す、プチギフトにもこだわって。ふたりの名前や写真をプリントした、クッキーなどのお菓子や、ふせんなどの文房具。栄養ドリンク、酔い止めドリンク、エコカイロ、クリスマスやハロウィンなど季節のイベントにちなんだアイテムなど。すぐに使えて、ユーモアのあるものがおすすめです。