ウエディングを盛り上げる様々な演出。ブーケトスやフラワーシャワーなどベーシックな演出もいいけれど、今まで見たこともないような珍しい演出でウエディングを盛り上げたいカップルも多いのではないでしょうか?そこで今回は、忘れられない思い出になる演出アイデアをご紹介します。

■挙式の演出
挙式はウエディングでのハイライト。最近は、チャペル式や神前式の他に、大切な人たちに見守られながら行う人前式など様々なスタイルがあります。それぞれの持ち味に合うような演出を選んで、挙式を盛り上げましょう。

・友人にお願い!ブライズメイド&アッシャー
ブライズメイドとは、結婚式当日に花嫁の支度を手伝う女性の友人のこと。新郎の支度を手伝うのはアッシャーと言います。仲の良い友人から2~3人ずつお願いして、挙式や披露宴をお手伝いしてもらいましょう。衣装も全員お揃いで揃えると可愛いですよ。

挙式では、新郎新婦の入場のお手伝いや、緊張した気持ちをほぐす、ベールやドレスの裾を直してもらうなど、介添人として活躍してもらいましょう。人前式なら、結婚の証人として、ふたりの結婚証明書にサインしてもらうのもいいアイデアです。

その後、披露宴では受け付け、二次会では司会などウエディングを最後まで手伝ってもらうことで喜びを共有できるのが嬉しいポイント。今までずっと一緒だった友人に恩返しができる演出です。

・フラワーシャワーだけじゃない!
挙式の後に行われる祝福のフラワーシャワー。最近の挙式では必ずと言っていいほど見られる演出ですが、自分らしいアレンジをプラスしてみてはいかがでしょうか?

例えば、神前式や仏前式の場合、花びらに折り鶴を加え流だけでグッと和のテイストが感じられる演出に。手作りが苦ではない花嫁は、リボンを可愛く結んだリボンシャワーにするのも可愛くて◎リボンをひとつ一つ結ぶごとに感謝の気持ちを込めることができるので、より嬉しい気持ちが伝わるはず。会場が天井高のあるチャペルの場合はフェザーシャワー、ガーデンウエディングの場合は、バブルシャワーなど会場の雰囲気に合わせるのも成功の秘訣です。

■パーティの演出
ムービや余興など、パーティの演出は様々。ここでは、ゲスト参加型の珍しい演出をご紹介します。

・ブロッコリートス&プルズ
ウエディングの定番演出の一つである、挙式後に行うブーケトス。通常は花嫁から女性の友人に向けて行う演出ですが、ブロッコリートスは新郎から男性の友人に向けて行う演出です。ブロッコリープルズは、ブーケプルズのようにブロッコリーにリボンをたくさん結び、見事引き当てた人が当たりです。

なぜブロッコリーを使うかと言うと、ブーケに形が似ているから。また、小さなふさに分かれていることから、子孫繁栄につながると言う意味もあるとか。挙式の最後に行うのも良いですが、花嫁がお色直しで中座したタイミングで行うのもゲストを飽きさせないアイデアです。

・生ケーキでできる演出。ファーストバイト&ラストバイト
ケーキカットの後に、カップルがお互いにケーキを食べさせ合うファーストバイト。「これから先もずっと食べさせてあげます」と言う意味が込められています。この演出に一工夫加えて、ケーキを3台用意し、お互いの両親にもファーストバイトをしてもらいましょう。ゲストへの家族の紹介にもなるし、両親の仲も深まるはず。

また、ラストバイトは、新郎新婦がそれぞれの両親からケーキを食べさせてもらう演出。生まれてからこれまで、食べさせてもらった両親に、最後に食べさせてもらうことで感謝を伝える演出です。

この演出の前に、両親への感謝の気持ちを伝えると、ゲストへより感動が伝わるはず。