リング上に途切れなくダイヤモンドが並ぶリングは、その様子が「永遠(=エタニティ)」を連想させることからエタニティリングと呼ばれます。この記事では、婚約指輪としても結婚指輪としても人気があるこのリングの魅力をご紹介します。

【婚約指輪として選ぶなら】
婚約指輪としてエタニティリングを選ぶのであれば、ダイヤモンドの輝きが際立つゴージャスなタイプがお勧めです。特別な時だけに身に着けるというのであれば、ダイヤモンドが全周に並んだフルエタニティも素敵です。

ダイヤモンドの輝きが際立つのは、爪で留めているタイプのもの。1つの爪で両サイドのダイヤモンドを留める共有爪留めのリングは、爪の数が少なく、周囲から光を取り込みやすいので、ダイヤモンドの存在感がより増します。

エタニティリングは他のリングとの相性が良く、重ね着けがしやすいといえます。ですから、ぜひ結婚指輪との重ね着けを楽しんで。重ね着けする際は、双方の指輪の地金の色は合わせるのが一般的ですが、あえて別色で合わせても。たとえば、プラチナのエタニティリングに細みのゴールドの結婚指輪を合わせると、すっきりとスタイリッシュな雰囲気になります。

ゴージャスなエタニティの婚約指輪に重ね着けするなら、結婚指輪はシンプルなタイプがバランスは良いでしょう。なお、爪留めのエタニティリングは高さが出るので、結婚指輪もその高さに合わせるようにすると両方の指輪がきれいに見えます。

【結婚指輪として選ぶなら】
日常的に身に着ける結婚指輪としてエタニティリングを選ぶのであれば、ダイヤモンドが半周だけ付いたハーフエタニティが使いやすいでしょう。指輪と共に日常生活をストレスなく送るためには、ダイヤモンドが引っ掛かりにくいものがお勧めです。

そうした観点で選ぶと、レール状の枠でダイヤモンドを留めるレール留め、アームの部分に穴を空けて、そこにダイヤモンドをセットして小さな爪で留める彫り留め、地金でダイヤモンドを包み込むように留める覆輪留め(ベゼルセッティング)のエタニティリングがお勧めです。

エタニティリングではラウンドブリリアントカットの他、エメラルドカットやマーキーズカットなどのダイヤモンドを組み合わせる場合もあります。ファンシーカットのダイヤモンドを使ったエタニティリングは個性的な趣があり、人とは違う結婚指輪が欲しいという人にいいでしょう。

【身に着ける時に気を付けたいこと】
ダイヤモンドのきらめきに魅了されるエタニティリング。身に着けているだけで気持ちも上向きになりますが、使用の際には気を付けたいこともあります。エタニティリングはリング全体にダイヤモンドがあしらわれているため、強度はやや弱くなります。手をぶつけたりしないように気を付け、力仕事やスポーツの際などには外すようにしたいもの。また、炊事や洗濯など家事の際も、衛生面と指輪の保護を考えて外した方がいいでしょう。

また、喪の席では基本的に結婚指輪は身に着けてよいとされますが、エタニティリングが華やか過ぎると感じる場合は外した方が無難。ハーフエタニティなら、指輪をくるりと回してダイヤモンドが付いていない面を表にすればいいでしょう。

なお、普段のお手入れも欠かさずに。ダイヤモンドは親油性があり、汚れがつきやすいので、1日身に着けたエタニティリングは柔らかい布で拭くことをお勧め。ダイヤモンドの輝きが鈍ってきたら、中性洗剤を溶かした液で洗いましょう。柔らかい歯ブラシでこすりますが、表面だけでなく裏面もしっかりこすって汚れを落としてください。洗い終わったら水で濯ぎ、乾いた布で水分をふき取ります。

婚約指輪にも結婚指輪にもお勧めのエタニティリング。一生ものにふさわしい指輪なので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。