結婚指輪を選ぶ際に気になるのは、いわゆるファッションリングとどう違うのか?ということ。結婚指輪と銘打たれていなくても、お気に入りのファッションリングがあれば、それを結婚指輪としてもいいのでしょうか? この記事ではそんな疑問にお答えします。

 

<ファッションリングと結婚指輪(マリッジリング)の違いは?>

そもそもファッションリングと結婚指輪の違いとは何なのでしょうか? ファッションリングとはその名の通り、ファッションとして身に着けるリングのことを指します。高価なものから安価なものまで価格帯は幅広く、デザインもさまざま。その時々の流行を反映したデザインも多く揃います。

 

一方、結婚指輪は結婚を記念して男女で交換するもの。一般的には、日常的にずっと身に着けることになります。ですから、どんなファッションにも似合うように、比較的シンプルであまり流行に左右されないデザインが多いようです。

 

なお、ジュエリーブランドやショップでは、ファッションリングとブライダルリングを分けて販売しているところがほとんどです。結婚指輪は男女で用意するため、男女ペアのデザインを用意するブランドも少なくありません。

 

<結婚指輪としてファッションリングを選ぶのはあり?>

ファッションリングの中で気に入ったものがあった場合、それを結婚指輪とするのは実は特に問題はありません。ふたりが「このリングを結婚の記念として交換しよう」と考えるのであれば、それはもう立派な結婚指輪です。

 

ただし、結婚指輪はずっと長く日常的に身に着けることになりますので、そのために求められることがあります。ファッションリングを結婚指輪とする場合は、結婚指輪にふさわしい条件を備えているかどうかをチェックする必要があるでしょう。

 

<結婚指輪に求められる条件とは?>

結婚指輪は日常的に身に着けることになりますので、耐久性が求められます。そのため、素材としてはプラチナやゴールドがお勧め。プラチナやゴールドであれば、変質や変色もしにくいので、ずっと長く身に着けることができるはずです。

 

デザインはひっかかりが少ないものが使いやすいでしょう。宝石などが立体的に飾られていたり、凝った細工が施されていたりするものは、隙間に皮脂や埃などが入り込み、衛生上も問題があります。

 

また、どんな服装にもマッチするデザインも求められます。服装を選ぶデザインだと、毎日身に着けるのが難しくなってしまうので、結婚指輪としてはふさわしいとはいえません。

 

<ファッションリングでは刻印を入れられない場合も>

結婚指輪ではリングの裏側に刻印を入れるのが一般的です。ブライダルリングを扱っているブランドやショップなら、ブライダルリングでなくても刻印を入れることは可能ですが、ファッションリングしか扱っていないところでは刻印を入れることができない可能性もあります。刻印は絶対に入れなくてはならないものではありませんが、結婚指輪らしさが感じられる部分なので、購入前に確認することをお勧めします。

 

<アフターサービスもチェック!>

結婚指輪をいつまでも美しく、快適に身に着けるためにはメンテナンスが必要となります。そのためには定期的なクリーニングはもちろん、サイズ直しやゆがみ直しなども必要になってくる可能性があります。ブライダルリングの専門店であれば、アフターサービスの体制もしっかり整っているので、安心といえるでしょう。

 

ファッションリングを結婚指輪にするのはふたりの自由です。しかし、品質やデザインが結婚指輪としてふさわしいものであり、アフターサービスも整っていないと、結婚指輪として使用するのは難しいといわざるを得ません。そう考えると、結婚指輪として販売されているリングから選んだ方が無難ではないでしょうか。結婚指輪のデザインは思っている以上にバラエティに富んでいます。ブライダル専門店を覗いてみれば、きっとお気に入りのリングが見つかるはずです。