婚約指輪には欠かせないダイヤモンド。実はさまざまなカットがあることを知っていましたか? この記事では、ダイヤモンドに用いられるカットについてご紹介します。

 

<ダイヤモンドの輝きを最も引き出すラウンドブリリアントカット>

婚約指輪として贈られるダイヤモンド。その美しい輝きに魅了されますが、実はダイヤモンドは原石の状態だとあまり輝かず、ガラス玉と大差ありません。ダイヤモンドを輝かせるためには、カットして研磨することが必要なのです。

 

宝石のカットはファセットカットとカボションカットがありますが、ダイヤモンドには表面に小さな面をたくさん付けるファセットカットが用いられます。ファセットカットにはブリリアントカットとステップカット、ミックスカットの3種類があり、主流はブリリアントカットです。

 

ブリリアントカットの中でも最も多く用いられるのが、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すとされるラウンドブリリアントカットです。

 

<4Cで評価されるカットって?>

ダイヤモンドの価値を判断する一つの基準に4Cがあります。4Cとはカラット(重さ)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カットのこと。このうちのカットは唯一人の手によるもので、カットの良し悪しは、ダイヤモンドの輝きに大きな影響を与えます。

 

ダイヤモンドは取り込んだ光を内部の面で反射し、その光をダイヤモンドの外に出すことで美しい輝きを生み出しているのですが、カットの形が崩れると内部で光がきちんと反射されず、原石が秘めた輝きを最大限に発揮できません。なので、ダイヤモンドの輝きにはカットが最も大切だとも言われます。

 

鑑定機関では、ラウンドブリリアントのカットの品質を、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェアー、プアーの5段階で評価します。

 

なお、エクセレントの数値をさらに狭い範囲で設定しているのがアイディアルメイクです。カッティングの魔術師といわれたラザール・キャプランは、彼の従兄弟で数学者のマルセル・トルコフスキーが考案した数学的理を基に、ダイヤモンドが7色に輝く理想的なプロポーション、アイディアルメイクをカッティングによって実践しました。ラザール ダイヤモンドのダイヤモンドは全てこのアイディアルメイクでカットされています。

 

<ラウンド以外にもあるブリリアントカット>

ラウンドブリリアントカットはその名の通り、上面から見ると円形になっています。ブリリアントカットにはラウンドの他、洋梨のような形をしたペアシェイプ、ハート型のハートシェイプ、楕円形のオーバルシェイプ、舟形のマーキーズシェイプなどがあります。

 

<ステップカット>

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドが定番の婚約指輪ですが、最近ではステップカットと呼ばれる四角い形のダイヤモンドも見かけるようになりました。

 

ステップカットの代表とも言えるのがエメラルドカット。その名の通り、エメラルドを最も美しく見せるカットとして考案されたもの。四角形の角が削り取られて、八角形になっています。また、バゲットカットは脇石としてよく使用されます。

 

<ミックスカット>

ブリリアントカットとステップカットを組み合わせたものがミックスカットです。基本的には、上部がブリリアントカット、下部がステップカットになっています。

 

プリンセスカットはステップカットのような四角い形をしていますが、ファセット(面)が非常に多いのが特徴です。

 

さまざまなカットがあるダイヤモンド。カットの違いにより、同じソリティアリングでも、全く印象が異なる指輪になるのも面白いところ。ふたりの愛の証しとなる婚約指輪ですから、ダイヤモンドのカットにも注目して、お気に入りを選んでださい。