結婚式でまとう純白のウエディングドレスや白無垢。楽しみな衣裳選びは誰と一緒に行く予定ですか?彼も、お母さんも、友人も…みんなの意見を聞きたいけれど、スケジュールの都合上、何度も行くのはなかなか難しいもの。そこで、今回は誰と一緒に行くと良いのか?どんなメリットがあるのか?についてご紹介します。

 

  • 新郎新婦で

結婚するふたりで一緒にドレスを選ぶメリットは、ふたりの衣裳の雰囲気を合わせることができること。「予定が合わず別々に選んだらふたり並んだ姿がちぐはぐだった…」なんてことにならないように、1度はふたりで行くのもオススメです。

また、ブライダルフェアや打ち合わせなどの途中に行くこともできるのでスケジュール調整がしやすいことも嬉しいポイント。

写真撮影も可能なショップの場合は、試着時の撮影をお願いしてあとからふたりで見返すのも楽しそうです。

 

  • 新婦のお母さんと

お母さんは、昔からずっと花嫁の一番の理解者。どれが似合うか率直な意見を聞かせてくれるはず。和装を選ぶときも頼もしいアドバイザーになってくれることでしょう。写真や動画をたくさん残しておけば嫁ぐ前の素敵な思い出になります。

 

  • 新婦の姉妹と

花嫁と一緒に育った姉妹。趣味も熟知してくれているはずだからなんでも相談できるのでは?友人と違い、お姉さんや妹なら気負わずに衣裳選びに誘えるのも良いところ。年齢が近いので、ナチュラルなデザインやミニ丈など今のトレンドにあった衣裳にもきっと賛成してくれるはず。

モダンな衣装やカラードレスを選ぶときに誘ってみてはいかがでしょうか?

 

  • お友達や同僚と

仲の良い親友やセンスのいい友人。親や姉妹にはない、自分と同じような目線でアドバイスをくれるのが嬉しいポイントです。

特に、最近結婚した友人がいるのであれば「挙式で動きにくいから、ドレス丈をもっと短くしたかった」「このドレスは写真撮影に映えるよ!」など、先輩花嫁としてのリアルな体験談を教えてくれるので、きっと参考になるはず。

友人に都合がつかず一緒に試着会場に行けない場合は、後日相談を。試着写真をいっぱい撮っておいて、写真を見ながらカフェで相談に乗ってもらえば、話も盛り上がるはずです。

 

  • ひとりでも心配しないで!

「両親は遠方に住んでいるし、彼も仕事で忙しい」という場合は、ひとりで参加してみるのも全く問題ありません。

専属のアドバイザーが相談に乗ってくれますし、なにより、何人もの花嫁を見てきたプロの目線のアドバイスを聞きながら、心ゆくまで衣裳を選べますよ。

 

  • ショップスタッフに希望を伝えるスムーズな方法

効率よく衣裳を選ぶために必要なのが、目的をはっきりさせること。ショップや衣装室、試着会に行く前に、ある程度好みをはっきりさせておくと◎。雑誌やインターネットでドレスの画像を調べて「こんな衣裳がいいな」と思うものを集めておきましょう。その画像を見せながら打ち合わせをすれば、スタッフに希望がすぐに伝わりますよ。

 

  • いろんな人の意見を取り入れて

一生に一度の花嫁の晴れ舞台。衣裳選びも慎重に行いたいものですよね。できれば様々な人の意見を取り入れて、納得のいく1着を選びたいものです。

そのためにも、早めに準備をスタートさせて同行する人を変えて何度も試着するのがオススメ。

写真撮影が可能なショップや衣裳室なら、正面だけでなくバックスタイルなど、いろんな角度で写真を撮影しておくと後で確認する時に便利ですし、彼からもらった婚約指輪を着けていると、結婚式当日のトータルバランスも確認することができますよ。

衣裳を決めるのは挙式の半年前くらいが良いとされています。直前であわてることのないように、無理のない計画を立てておきましょう。