夫婦になった大切な日「結婚記念日」。どんなことをして過ごしていますか?忙しさに振り回されて、ついついないがしろにしているカップルもいるかもしれませんね。

今回は、結婚記念日をどのように過ごせばお互いへの感謝の気持ちが伝わるのか考えてみました。これを参考に、次の結婚記念日までに準備を始めてみませんか。

■ 挙式の日or 婚姻届の提出日。どっちが結婚記念日なの?

婚姻届の提出日と、結婚式をした日。両方同じ日に行ったカップルは問題ありませんが、違うカップルはどちらかを記念日にして良いか迷っているのではないかと思います。

すでに結婚した夫婦に聞くと、婚姻届の提出日を結婚記念日とする人が多いとか。でも中には、ゲストの前で結婚を認めてもらった挙式の日を記念日にしているカップルもいるのだそう。

正式な定義はないようなので、ふたりで話し合って、どちらか思い入れの強い日を決めると良いのではないでしょうか。また、両日を記念日にしてしまうのも記念日が増えて素敵ですね。

 

■ 結婚記念日のアイデア

夫婦の大切な記念日を、どんな風に過ごすかアイデアをまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

思い出の場所で食事

例えば結婚式を挙げたホテル、プロポーズをしたレストラン。思い出の場所に出かけてランチやディナーを楽しんでみてはいかが?
 
事前に相談して、思い出のメニューや、その時に飲んだワインを出してもらっても良いかもしれませんね。
 
結婚式の時の様子や、これまでの生活のことを語り合えば、感動や感謝の気持ちが沸き起こるはず。
 
仕事や子育てが忙しく、時間がないカップルは、ケーキとコーヒーだけでも気持ちが前向きに変わるはず。

自宅でささやかなパーティー

「仕事で残業が多い」「まだ子供が小さくてレストランに連れていけない…」そんな時は、自宅でささやかなパーティーをしては?ちょっと高めのデパ地下のお惣菜やデリバリーの料理を揃えれば、レストランディナー顔負けの美味しい料理がいただけます。
 
結婚式の様子を撮影したムービーを流しながら、幸せな思い出を語り合ってみても良いかもしれませんね。

旅行

海外やリゾート地に出かけて、楽しい思い出を作って。新婚旅行に出かけた土地を再び訪れるのも良いですね。

セカンドプロポーズ

「当時は事情があってプロポーズができなかった」という人は、もう一度、プロポーズをしてみては?
 
普段、家事や仕事を頑張る妻に「ありがとう」の気持ちを込めて愛の告白を。花束も渡せば、きっと奥さんも喜んでくれるはず!
 
婚約指輪や結婚指輪を用意できなかったカップルは、この機会に揃えるのもおすすめです。

プレゼントでサプライズ

夫から妻へ。妻から夫へ。プレゼントを贈ってサプライズイベントにするのも楽しいもの。相手の欲しいものを事前にリサーチしておくのが成功の秘訣です。

フォトアルバム

これまでの家族の思い出をアルバムにまとめて。子供が生まれた時、実家で過ごした時、旅行の時など様々なふたりの表情に、その時の気持ちが鮮やかに蘇ります。毎年1冊ずつふたりで作って、夫婦の大切なイベントにするのも良いですね。

ネックレスやブレスレット

夫から妻へ。結婚指輪とお揃いのネックレスやブレスレットを、1年ごとにプレゼントするのも◎。セットで身につけると統一感があるので、仕事やちょっとしたお呼ばれにも重宝するはずです。

結婚指輪を購入したジュエリーショップに相談すると、セットのネックレスや重ねづけできるリングやブレスレットを提案してくれるはずです。

ふたりで楽しめるチケット

映画が好きな彼に映画館のプレミアムシートのチケット。遊園地が大好きな彼女に年間パスポートなど、相手の趣味に合わせたプレゼントもgood。イベント系のチケットだと、ふたりで一緒に楽しめますね。

 

■ 彼と一緒に過ごすことが一番の宝物になる

結婚した大切な記念日、子供が生まれたり、仕事で充実するなど多忙な毎日を送っているカップルが多いかもしれません。せっかくの結婚記念日なのだから、一緒に過ごしてみませんか?何かプレゼントがあってもきっといい思い出になるはずですよ。