結婚式をあげるまでは婚約指輪(エンゲージリング)、結婚したら結婚指輪(マリッジリング)をするのが一般的なスタイル。でも、せっかく気に入って買った結婚指輪と婚約指輪を重ね着けして楽しみたい花嫁もたくさんいるのでは?そこで今回は、重ね着けするときのコツやアイデアをご紹介します。

■最近人気のリングの重ね着け
少し前までは、別々に着けるのが普通だったブライダルリング。でも、婚約指輪を着ける機会があまりないからと言って、お家で大切に保管しておくのももったいないですよね。最近はそんなニーズに合わせて、結婚指輪と一緒に重ね着けするようにデザインされた指輪も多く販売されています。

重ね着けをすると、指輪1本の時より、指先にボリュームが出て、気持ちも華やかになると好評。購入を検討している花嫁は、重ね着けにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

■ブライダルリング重ね着けの小さな疑問
・重ね着けで指輪が傷つく?
リングの重ね着けは、リング同士がぶつかり合って傷がつくのでは?と心配な方もいるかもしれませんね。そんな時は、セットリングを購入することをオススメします、セットリングは、2本で指に着けることを考慮してデザインされています。ですから、擦れたりぶつかったりということもなく、重ね着けを楽しめますよ。

・プラチナとゴールド。地金の素材が違うと変?
婚約指輪はプラチナ、結婚指輪はイエローゴールド。地金の素材が違うと、重ね着けも難しそう。と思っている花嫁も多いのではないでしょうか?確かに、統一感は薄まりますが、逆にコンビデザインのような個性的でオシャレな雰囲気が生まれます。その際は、リングの太さやデザインを揃えれば、違和感はなくなるでしょう。

・セットリングって高そう…
最初から重ね着けすることを考えてデザインされたセットリングは高価なのでは?と思っている花嫁に朗報。セットリングのデザインやダイヤモンドの大きさや数にもよりますが、別々に購入する方がリーズナブルなアイテムも多いそう。結婚指輪と婚約指輪、重ね着けと3パターンも楽しめてお得なセットリング。ぜひ、お気に入りのショップでチェックしてみてください。

■素敵な重ね着けスタイルのコツ
・似たようなデザインにする
ストレートの指輪と、ウエーブの指輪を重ねると隙間ができてしまいます。隙間ができると指輪が動いてしまい、着け心地が安定しないことも。そこで、ストレートの婚約指輪には、ストレートの結婚指輪。と言うようにデザインを統一しておくと隙間が空きにくいでしょう。似たようなデザインにするのは、購入する時の一つのチェックポイントになりそうです。

・同じブランドで揃える
重ね付けをしたい場合は同じブランドのリングにするのが無難です。別のブランドだとデザインのコンセプトが合わず、ちぐはぐな印象を与えてしまいかねません。センスに自信のある人は、今持っているリングに合わせて別のブランドのリングを購入しても良いですが、必ず試着を。自分の指で実際に試してみて、気に入ったら購入すると良いでしょう。

・結婚した後の記念日に重ねやすいリングを購入
「重ね着けすることを考えずに、すでにリングを購入してしまった!」と言う花嫁は、記念日などに婚約指輪に合うリングを買い足すのはいかがでしょう?例えば、赤ちゃんが生まれた時や、結婚1周年の記念に購入すると、記念日ごとの思い出も増えて素敵です。「買い足すには予算が少ない」と言う方は、左手に結婚指輪。右手に婚約指輪をして楽しむのも◎自分の個性を輝かせる指輪の着け方を楽しんでみてください。