結婚指輪(マリッジリング)や、婚約指輪(エンゲージリング)の王道素材と言えばプラチナですが、ゴールドも古くから愛されている素材の一つです。華やかな見た目と、ファッション性の高さにおしゃれな花嫁からの支持率は上昇中!今回は、ゴールドのマリッジリングの特徴と魅力をご紹介します。

■輝きをキープ&丈夫さ。ゴールドの特徴
結婚指輪の素材として、プラチナと同じくらい人気が高いゴールド。その人気の秘訣は素材が変質しにくいという点にあります。輝きを長くキープし、変色しにくいので長く愛用するマリッジリングにぴったりです。また、ゴールドは他の金属と混ぜることにより硬度を高めることができます。そのため変形しにくく、毎日身に着けても安心です。

■ゴールドの純度
ゴールドのネックレスなどを買うと「K18」という表記を目にしませんか?これはゴールドの純度を表すもので、「K18」の他に、「K24」、「K14」、「K10」があります。K24は100%、K18は75%、K14は58%、K10は42%の金が含まれており、数が多いほど金が含まれている割合が高いという意味。「K24」は純度が高いのですが、硬度が低いというデメリットがあります。銀や銅などを混ぜて丈夫にした「K18」などが一般的です。

■ゴールドの種類
ゴールドは他の金属を混ぜて色合いを変えることにより個性を出せる素材です。自分の好みやなりたい雰囲気に合わせて選ぶのが◎。代表的な素材は次の通りです。

・イエローゴールド
カジュアルな印象で普段使いしやすいイエローゴールドは、変色しても目立たないのが特徴。さらに、他の金属が混ざっているので耐久性も併せ持つ優れた素材です。ファッション性が高く、海外セレブの支持率も高い華やかな素材です。

・ピンクゴールド
ゴールドに混ぜる銅の比率を上げて、柔らかなピンクを表現したピンクゴールド。日本人の肌になじむ優しい色合いで、人気の高い素材です。

・ホワイトゴールド
高貴な白い輝きが美しいホワイトゴールド。プラチナによく似ていますが、より軽く価格もリーズナブルなので、選ぶ人も多い素材です。

■お手入れのコツ
ゴールドは安定した素材のため、変色することはほとんどありません。汚れが気になった時に、中性洗剤を溶いた水の中で洗い、よくすすいでメガネ拭きなど柔らかい素材の布でサッと拭き取る程度で良いでしょう。

■変形&変色の注意点
ゴールドは、他の金属を混ぜることにより硬さが出て、変形しにくく、手入れしやすい素材と言えます。ただし以下の場合は注意する必要があります。

・純度が高い場合
ゴールドの純度が高い「K24」は、他の鉱物が含まれていないため、柔らかく、変形しやすいという特徴があります。ぶつけただけで傷が付いてしまうので、身に着ける際は注意が必要です。毎日身につけるリングには、丈夫な「K18」のゴールドを選ぶのがおすすめです。さらに、鍛造製法という金属を鍛えて丈夫にすり製法で作られたリングだと歪みにくく傷も付きにくいので、気負わず着けることができておすすめです。

・ピンクゴールド
ピンクゴールドの優しい色合いは銅を混ぜて人工的に作ったもの。ゴールドの純度によっては、銅の特徴である、汗や硫黄に反応して変色してしまう可能性があります。銅の比率が高い「K10」のピンクゴールドは、指紋だけでも変色してしまったという事例もあるとか。

「結婚指輪をして温泉に入ったら、温泉の硫黄成分によって黒っぽく変色してしまった!」ということにならないように、ピンクゴールドを選ぶ際は、銅の比率も考えて選ぶと良いでしょう。