6_577111489

いつの時代も女性が憧れる、大きなダイヤが輝くエンゲージリング。このような、リングの真ん中にダイヤモンドを配したデザインのことを「ソリティア」または、「ソリテール」と言います。今回はこの「ソリティア」の魅力をご紹介します。

■一粒ダイヤモンドと立て爪の王道デザイン

センターに大きな一粒ダイヤが輝くリングのことを「ソリティア」、フランス語では「ソリテール」と言います。小さな爪でダイヤモンドを留めるデザインは、光を多く取り込み、ダイヤをより大きく輝かせる効果があります。古くから多くの花嫁に愛されているエンゲージリングの代表的なデザインです。

■セッティングとは?

ダイヤをリングに留める方法をセッティングと言います。留める方法はレール留めや、彫留めなど様々な技法がありますが、今回はソリティアの紹介なので爪のあるセッティングの説明をします。爪で宝石を支えるセッティングは爪の数によって少しずつ表情が変わります。代表的なものは下記の2つです。

【6つ爪】

6つの爪で支える方法。最もベーシックで上品なスタイル。

【4つ爪】

4つの爪で支える方法。遮るものがないので光をたっぷりと取り込める。

■こんなシーンで活躍する「ソリティア」

ちょっとしたお呼ばれパーティや食事会などに参加する機会など、せっかくドレスアップしたのに、指先が結婚指輪だけでは寂しいことも。そんな時、ソリティアのエンゲージリングがあれば、指先に華やぎが生まれます。また、お子さんが生まれたら、入学式や卒業式などのセレモニーに参加することも増えるでしょう。そんな時も指先から輝きを添えてくれます。流行にとらわれず使えるソリティアなら、ずっと使い続けることができるはずです。

■「ソリティア」のデメリット

ソリティアは多くの光を取り込むため、華奢な爪だけでダイヤモンドを留めています。そのため、引っかかりやぶつかった衝撃には弱いため、力仕事や家事をするときにはあまり向いていません。おうちに帰ったら取り外すように心がけるほうが良いでしょう。「どうしてもいつも身につけたい」という場合は、チェーンに通してネックレスのように身につけてはいかが?胸につけることでぶつける心配はありません。

■人とは違う個性を出したい時のアイデア

ソリティアはエターナルなデザインですが、どうしても似たデザインになりがち。人と同じにならないリングを選びたいなら以下の方法を試してみてはいかがでしょうか?

■地金の素材を変えてみる

地金とは、指輪の素材のこと。エンゲージリングやマリッジリングでは、プラチナやホワイトゴールドが人気ですが、少し違った素材を選んでみても素敵です。中でも、華やかな色合いでファッショナブルなイエローゴールドや、日本人の肌になじみやすい優しいピンクゴールドがおすすめ。おしゃれ上級者向けのエンゲージリングになります。

■リングのアームのデザインを変えてみる

ソリティアのデザインでもアームの太さを変えることでずいぶん印象が変わります。個性的に見せたいなら太目に、愛らしく見せたいなら華奢。指を綺麗に見せたいならウエーブラインに。好みやファッションの嗜好に合わせて変えると、「あなたらしい」個性が出ますよ。

■ダイヤモンドを増やしてアレンジ

センターのダイヤモンドの両サイドにメレダイヤを並べたデザインを選ぶと、輝きも華やかさもアップ!サイドのメレダイヤをピンクダイヤにすると、愛らしい雰囲気になります。