結婚指輪(マリッジリング)はずっと身に着けるもの。だからこそ長く愛せるものかどうか気になりますよね。

年齢を重ねてもずっと身に着けられる結婚指輪を選ぶにはどうすればいいかご紹介します。

 

<品質や作りにこだわって>

長く愛用できる結婚指輪の条件とは、どんなものでしょうか。

一番に挙げられるのは品質です。日常生活でずっと身に着ける結婚指輪ですから、簡単に変色したり、ゆがんだりしないものであるのは重要なことです。ブライダルリングが基本的には純度の高いプラチナや18Kのゴールドを使用しているのは、これらの金属が耐久性や強度に優れ、変色にも強いからです。

 

また、作りにも注意をしたいもの。あまりにも華奢な作りのリングは少しの力が加わっただけで変形する恐れが。また、宝石がたくさん飾られ、細かな装飾が施されたリングは取り扱いに注意を要し、こまめなお手入れが必要となるので、ずっと身に着ける結婚指輪としてはあまりふさわしくないといえます。

 

<シンプルなデザインがいい?>

長く身に着ける上ではデザインにも注目しましょう。流行を追い過ぎていたり、奇をてらい過ぎていたりするものは、飽きずに何十年と身に着けるのは少し難しいかもしれません。長く身に着けることを考えれば、どちらかというとシンプルなものの方がお勧めでしょう。

 

とはいえ、華やかなもの、個性的なものが好きなのに、「ずっと飽きずに」という言葉に縛られて消極的にシンプルなものを選ぶ必要はありません。ずっと長く指輪を身に着けるには、「この指輪が好き!」という気持ちが何より大切となります。ですから、基本的には自分の好みのデザインを選ぶのがいいでしょう。

 

<年を重ねた手との相性>

結婚指輪はずっと長く身に着けるものなので、いま似合っていても将来的に似合わなくなるのでは?と不安に思う人もいるのでは? 年を取るに従って、手はしわが増えたり、肉がたるんできたりします。そうなると、若い頃には似合っていた指輪が似合わなくなるということも大いにありうるわけです。

 

一般的に、年齢を重ねた手にはボリュームのある指輪の方が似合うとされます。となると、年齢を重ねたときのことを考えて結婚指輪も少しボリュームのあるものにした方がいいのかと考えがちですが、そうすると結婚したての若い手にはしっくりこない可能性も。このようなことを解決する一つのアイデアとしては、重ね着けがしやすい指輪を選ぶことがあげられます。

 

若い手にはぴったりの細めの結婚指輪は、年を重ねた時にはもう1本指輪を合わせてボリュームを出すことで、新鮮な気持ちで身に着けられるはずです。重ね着けする指輪を変えれば印象も異なり、結婚指輪もさまざまに身に着けられるでしょう。これは年齢を重ねた女性ならではの余裕ある結婚指輪の楽しみ方とも言えます。

 

<アフターサービスもチェック!>

どんなに高品質の指輪であったとしても、長く使い続けているうちにはゆがんできたり、傷が付いてきたりします。また、体形の変化によって指輪のサイズが合わなくなることも…。そんな事態に備えて、結婚指輪はアフターサービスが充実しているショップで購入するのがお勧めです。

 

結婚指輪選びでショップに行く際には、最後に必ずアフターサービスについても確認してみてください。クリーニング、サイズ直し、磨き直し、ゆがみ直し、紛失の際のサポートなど、期間や料金などをチェック。安心してずっと長くお付き合いできるショップで購入することも、結婚指輪を長く愛用できるかどうかのポイントになります。

 

結婚指輪はふたりの一生の記念となる大切なもの。さまざまな角度からじっくり考察し、ふたりが納得できる結婚指輪を選んでください。