10_299967509

「結婚してください!」プロポーズの時に彼からもらった婚約指輪(エンゲージリング)。嬉しくて肌身離さず持っているけど、そもそもいつ身につければ良いものなのでしょうか?また、結婚式が終わった後はどんなシーンで身につければいいのでしょうか?そんな悩める花嫁のために、今回は、婚約指輪はどんなシーンで身につけるものなのか、詳しく調べてみました。

■結婚式前・婚約指輪いつ着ける?
【婚約期間に着けましょう】
プロポーズされてから、結婚式や入籍前の婚約期間中にエンゲージリングを着けるのが一般的です。この時期に、ちょっとしたパーティや同窓会などの集まりがある人は是非身に着けて、友人や知り合いに結婚の報告をしましょう。

【会社に着けて行っていいもの?】
エンゲージリングは大きなダイヤモンドがついたデザインが基本です。このデザインは華やかですが、ぶつかりや引っかかりに弱く、ダイヤモンドが落ちてしまうトラブルもないとは言えません。そのため、日常生活では少し邪魔になってしまうというのが本音です。ただ、あまりぶつける危険性のない事務的なお仕事の場合は、身につける人も多いようです。最近は、出っ張りがなく仕事中に邪魔にならない高さが低めのものや「エタニティ」や「パヴェ」というデザインのエンゲージリングも多く発売されています。日常的に使いたい人はこのようなデザインを選ぶのも◎

【授かり婚の場合には】
ベビーを授かったタイミングで婚約した花嫁も、ぜひ婚約期間中に身に着けて幸せを満喫しましょう。今のうちにエンゲージリングに似たデザインのベビーリングを用意しておいて、出産と同時にベビーにプレゼントするのも素敵なアイデアです。

■結婚式後・婚約指輪いつ着ける?
結婚式の後は、基本的に結婚指輪(マリッジリング)を着けることになります。ではエンゲージはどんなシーンで身につければ良いのでしょうか?

【セレモニースタイルに】
結婚してお子さんが生まれたら、入園式や卒園式などのセレモニーに参加することも多くなるでしょう。そんな時に、指先にエンゲージリングを着ければコーディネートが引き締まります。

【お呼ばれの席で】
結婚すると、何かと多くなるのがちょっとしたパーティなどのお呼ばれの席。旦那さんの後輩の結婚式に呼ばれた時などは、アクセサリーも本格的なものを身に着けたいですよね。そこでエンゲージリングを着ければ、華やかさも一段とアップします。

【セットリングで着けると豪華】
エンゲージリングを結婚指輪とセットで着けられるデザインを選んでおくと、活躍の場も一気に広がります。1つずつでも素敵ですが重ねることにより違った表情が楽しめるうえ、手元にボリュームが出て豪華。「センスいいね」と女友達から褒められる、洗練されたスタイルが完成します。

■エンゲージリングで人気のデザイン
結婚式の前後で身につけられるエンゲージリング。最近人気の高いデザインは以下の3つです。好みに合わせて選んでください。

【ソリティア】
一粒ダイヤをリングの真ん中で留めたリング。ダイヤモンドの虹色の輝きを最も引き立てるデザインです。いつの時代も永遠に愛されるエンゲージリングの王道スタイル。

【エタニティ、ハーフエタニティ】
小さなメレダイヤをたくさん重ねた一筋の光のようなデザイン。指輪の円周全てにダイヤモンドが敷き詰められたデザインをエタニティ。半分だけのデザインをハーフエタニティと言います。引っかかりがなく、着け心地が良いので日常使いにもぴったり。仕事中も着けられるのが魅力で、最近人気が高まっているデザインです。

【パヴェ】
「石畳」という名前の通り、指輪のアームの部分にメレダイヤをたっぷり敷き詰めた贅沢なデザイン。メレダイヤが輝くアームに、ソリティアのようにセンターにダイヤを配置したアイテムもあります。