ふたりの愛の証である結婚指輪(マリッジリング)。毎日着ける指輪は、シンプルなデザインが多く、オリジナリティを出せないと悩んでいるカップルも多いかもしれませんね。そんなふたりにおすすめなのが、裏面に刻印を入れること。ふたりだけにわかるメッセージなら、いつも一緒にいるような安心感を得ることができますよ。そこで今回は、様々な刻印についてご紹介します。

■定番のイニシャル&日付
指輪の裏側に入れるメッセージで最もポピュラーなのが、イニシャルと結婚or入籍した日付だとか。指輪の裏の刻印に文字数制限がある場合でも、これなら間違いなく入れられます。

■スタイリッシュな英語のメッセージ
英語のメッセージもおしゃれで人気です。「forever love(永遠の愛)」「true love(真実の愛)」など、ふたりの愛情を示すような言葉にすると、指輪を見つめるたびにお互いの愛情を思い出して嬉しい気持ちになれそう。そのほか、「with love(愛を込めて)」、「stay with me(一緒にいて)」、「with all my Love(私の大切なものすべて)」、「with you(あなたと共に)」、「just for you(ただ、あなたのためだけに)」などがあります。

■個性的なラテン語のメッセージ
ぱっと見にわからないラテン語のメッセージは、より個性を出したいふたりにぴったりです。
例えば、「utraque unum(ふたりで一つ)」、「Con Todo Me Amore(私のすべての愛を込めて)」、「totus tuus(身も心もすべて、あなたにささぐ)」、「ab imo pectore(心の奥底より)」、「ex animo(心より)」、「de fideli(この誓いと共に)」などが人気なのだそう。どことなく情熱的な印象もありますね。

■ふたりにだけわかる言葉で愛を刻む
例えば、ふたりで初めて行ったハワイ旅行の時に見つけた言葉「Aloha au ia’oe(愛しています)」。ふたりが出会うきっかけとなった、行きつけのバーの名前。ふたりが大切に育てているペットの名前など、ふたりだけにわかる言葉を刻むのも素敵な思い出になるでしょう。

■文字以外の刻印もおしゃれ
・彫刻
お店によっては裏面に、彫刻を彫ってもらうこともできます。ハートや星などのマークが入るだけで気持ちもアップ。また、ふたりで出かけた町の風景など複雑な彫刻や、二つ重ねた時に、モチーフが浮かび上がるような仕上がりもあるとか。市販のデザインに裏面だけ彫刻するのは難しい場合もあるので、フルオーダーになる可能性も。まずは、可能かどうかショップの方に相談してみましょう。

・マーク
彫刻ほどのインパクトはなくても、文字と一緒にささやかなハートや星、クローバーなど幸運のモチーフを刻むのも◎特殊な記号は入れられない場合もあるので、こちらもまずはスタッフに相談してみて。

■結婚指輪にふたりで考えたメッセージを刻もう
結婚指輪にふたりだけの愛のメッセージを刻むだけで、シンプルなリングがグッと特別なアイテムに。ふたりで「どんな言葉を刻もうか?」と考える時間も、後から思い出すと素敵な思い出の一つになるはず。ぜひ、今の気持ちにぴったりのメッセージを見つけて刻んでみてはいかがでしょうか?

「メッセージは思いつかない」という場合は、イニシャルや日付だけでも、ふたりだけの思い出になるはずです。モチーフの彫刻や天然石などは、できるショップも準備の時間も限られているので、結婚が決まったらなるべく早めに調べて、予約を入れておきましょう。