婚約指輪の刻印をするときの注意点やおすすめアイデア8個!

婚約指輪は一生に一度の特別な贈り物なので、彼女に喜んでもらえるようこだわりたいものです。そこでおすすめなのが、指輪の内側にメッセージを刻むこと。彼女に捧げるメッセージを刻んだ指輪は、世界でひとつだけの贈り物になります。そこで今回は、指輪にメッセージを刻む際の注意点と、おすすめのアイデアをご紹介します。

 

婚約指輪の刻印の納期と料金

 

刻印(こくいん)とは指輪の内側にメッセージを刻むこと。刻印が可能なショップであれば、即日〜2週間程度で対応してくれることが多いようです。料金はショップによってまちまちで、特殊な文字や、宝石を埋め込む場合は追加料金が発生することもあります。

凝った指輪に凝った刻印ともなれば、サイズ調整など婚約指輪そのものの仕上がりも含めると、3か月近くかかることもあります。指輪への刻印にこだわるのであれば、事前にスケジュールを確保しておきましょう。
職人が常駐している場合は短納期で仕上げてくれたり、ショップによっては指輪を購入した特典として刻印をサービスしてくれたりすることもあります。自分のスケジュールや要望に合わせて、お店のスタッフとよく相談してみるのがおすすめです。
 

婚約指輪の刻印の文字数制限と可能なデザイン

 
指輪の内側という限られた場所を活用するため、刻むメッセージには文字数制限があります。多くの場合、単語と単語の間の空白(スペース)も文字数に入るので注意しましょう。なお、女性の場合は指が細いので指輪のサイズも小さくなり、刻印できる文字数は少なくなります。

指輪の内側全てに刻印できるわけではなく、ゴールドやプラチナなど素材の強度をはじめ、表側のデザインなどによってメッセージを刻める場所は左右されます。メッセージを決める前に何文字程度入れられるのか確認しておきましょう。
 

刻印方法の種類

 
刻印できない文字も聞いておくと安心です。刻印にも種類があり、刻印の手法によって表現できる文字の形は異なります。
 

1.レーザー刻印

 
レーザービームの熱で文字を刻印する方法で、自由に印字することが可能です。単なる文字だけではなく、イラストや家紋、特殊な文字、マーク、直筆の絵・文字など、さまざまなデザインに対応できるというメリットがあります。

くっきり精巧な刻印が特徴で、機械的な仕上がりにはなるものの小さな文字でも読みやすく仕上がります。ただしレーザービームがあたる部分のつやは消えてしまうので、注意が必要です。
 

2.手彫り刻印

 
手打ち刻印とも呼ばれ、刻印したい文字が描かれたハンコのような道具を用い、金槌などで叩いて指輪に文字を刻印する方法です。ハンコのような道具には限りがあるため、刻める文字や模様には制限があります。

職人が彫刻機を使用して刻印する機械彫りのことを指す場合もありますが、基本的には職人が一つひとつ手作業だけで打刻する方法のことを手彫り刻印と呼びます。
手作業による温かみが感じられるのが大きな特徴で、タガネで文字を彫った場合はその部分がキラキラと光り魅力的に見えます。手作業なので「同じものは複数作れない」というデメリットはありますが、言い換えれば世界にひとつだけの指輪ができるということになるので、ロマンティックな指輪に仕上がります。
 

刻印のフォント

 
フォントにはさまざまな種類があり、すべてを刻印できるわけではありません。ブランドによって多少違いはありますが、基本的には「ブロック体」と「筆記体」の2つのフォントで刻印ができます。
ブロック体は読みやすくはっきり表現できるのが特徴で、日本語でも英語でも刻印することができます。ブロック体の中でも、とくにゴシックや丸ゴシック、明朝体、ローマン、アバンギャルドなどのフォントがおすすめです。

筆記体はブロック体に比べると多少読みづらくはなりますが、オシャレにかっこよく決まるため、とくに英語のメッセージを刻印するのに適しています。フォントはスクリプト体がおすすめで、カリグラフィーのように装飾を施した花文字という書体も人気があります。
 

刻印を踏まえた婚約指輪選びのポイント

 
メッセージを刻印する際には、指輪の幅にも気をつける必要があります。2.0~2.5mmの幅の指輪は華奢でスタイリッシュなことから人気がありますが、スペースの問題で十分に刻印できないことがあります。刻印を優先するかデザインを優先するかも、指輪を選ぶ上で重要なポイントになるでしょう。

なお、エタニティリングはダイヤモンドを輝かせるために必要な光穴が多いため、刻印しにくいといわれています。
 

ミスがないよう事前チェックは万全に!

 
メッセージにミスがないよう、慎重に事前チェックをしておきましょう。大切な記念日や彼女のイニシャルを間違えてしまったら、深刻な問題に繋がりかねません。
人によっては、「子供が生まれたら子供の誕生日も追加で刻印したい」という場合や、「別の刻印を入れたいから今の刻印を削除したい」 という場合もあるかもしれません。ブランドによっては刻印の追加や削除にも応じてくれるので、事前にチェックしておくと安心です。

なお、刻印の修正は可能ですが、有料で地金を削る処理になるため指輪の強度が弱まります。そうならないためにも、事前チェックは複数回して間違いのないようにしましょう。
 

刻印の定番アイデア

 
お互いのイニシャルや記念日の日付を刻印することは、エンゲージリング&マリッジリングの定番です。文字数制限がある場合でも入れやすいという点や、ずっと飽きのこないシンプルな表記であることも人気の秘密のようです。
 

イニシャル

 
1. ふたりのイニシャルを「&」や「to」「ハートマーク」で繋ぐパターン。
例:(男性の名前がユウト、女性の名前がハルナの場合)「YtoH」、「Y&H」など。
2. 男性のイニシャル
例:(男性の名前がユウトの場合)「fromY」など。
3. 女性のイニシャル
例:(女性の名前がハルナの場合)「dearH」など。
 

入籍や記念日の日付

 
入籍した日や結婚式の日、プロポーズ記念日など、ふたりの思い出の日付を刻印するのも人気です。
例:(記念日が2020 年12月24日の場合)「2020.12.24」「Dec.24.2020」「R2.12.24」など。
 

両方入れる

 
イニシャルと記念日の組み合わせも、文字数の調整がしやすい刻印です。
例:(記念日が2020年12月24日の場合)「2020.12.24 Y&H」 「Dec.24.2020 Y&H」など。
 

四字熟語メッセージ

 
「外国語では自分の気持ちに合わない」という方は、日本人らしく漢字を並べた四字熟語にしてみるのがおすすめです。

「以心伝心」「一心同体」「一日千秋」などのシンプルで一緒にいたい気持ちが伝わるものや、「鴛鴦之契(えんおうのちぎり)」「比翼連理(ひよくれんり)」など、故事にまつわる意味を持つ四字熟語も魅力的です。
「鴛鴦之契」の「鴛鴦(おしどり)」は雄と雌が寄り添って離れないことを表わしています。「比翼連理」の「比翼」は雄と雌が一体になった空想上の鳥のこと、「連理」は根本が別々の木が枝や幹で繋がるさまを表しています。どちらの四字熟語も夫婦の仲が良いことを意味しており、婚約指輪の刻印としてぴったりです。
 

名前や家紋

 
日本人らしい婚約指輪の刻印として、両家の家紋を入れるのもおすすめです。もともと出自を示す目印とされてきた家紋は、礼装にも紋所として使われるようになったことでデザイン性も洗練されてきました。婚約指輪に刻印すればオシャレに、かつ格式高く決まります。ふたりの名前と共に両家の家紋を刻めば、両家の結びつきも一層深くなるでしょう。
 

和歌を入れて和風に

 
より日本人らしさを演出したいのであれば、和歌を刻印するのもアイデアのひとつです。昔の日本人が詠った和歌にはお互いを想う心を詠ったものも多く、今も変わらず人の心に響きます。

例:「紅の 初花ぞめの 色ふかく 思ひし心 われ忘れめや」
(古今和歌集より。現代語訳:紅花の初花で染めた布は色が深い。それと同じで初めて思いそめた深い恋心を私が忘れることがあるだろうか)

 

外国語でさりげない愛のメッセージを入れる

 
エンゲージリングには男性から女性への愛のメッセージを刻むことが多いようです。いつもは照れて言い出せない言葉も、海外の言葉ならサラリと伝えることができそうです。
以下の文例に限らず、外国語が得意な方は好きな詩の一節を引用したり、メッセージを作ったりしても良いかもしれません。
 

英語

 
例:「with love(愛を込めて)」「loving you(君を愛している)」「stay with me(一緒にいて)」「with all my Love(私の大切なものすべて)」「with you(あなたと共に)」「just for you(ただ、あなたのためだけに)」など。
 

ラテン語

 
例:「tuebor(あなたを守る)」「Con Todo Me Amore(私のすべての愛を込めて)」「totus tuus(身も心もすべて、あなたにささぐ)」「ab imo pectore(心の奥底より)」など。
 

フランス語

 
例:「Je t’aime(愛しています)」「Pour Amour(愛のために)」「Tous les deux(いつもふたりで)」など。
 

イタリア語

 
例:「Cara(愛しい人)」「Eterna(永遠)」「Sei tutto per me(あなたはわたしのすべて)」「Ti Adoro(熱愛する、愛する)」など。
 

スペイン語

 
例:「Confianza(信頼)」「Felicidad(幸福)」「Lazo(絆)」など。
 

ドイツ語

 
例:「Briller(輝く)」「Du bist mein Schatzt(あなたは私の宝物)」「Ewig(永遠)」「Ich liebe dich(あなたを愛してる)」など。
 

まとめ

 

プロポーズの際に彼女に渡す大切な贈り物であるがエンゲージリング。ふたりだけにわかる愛のメッセージを刻印すれば、世界にひとつだけの愛の証になります。文章を考えるのが苦手でも、イニシャルや日付で個性を演出することが可能です。今回のアイデアを参考に、オリジナリティあふれる刻印を考えてみてくださいね。