これを読んでいる方の中には、結婚式準備に大忙しなカップルも多いかもしれませんね。もし披露宴などでどんなことをしようか悩んでいるなら、彼や彼女に感謝の気持ちを伝えられる演出を取り入れて見ませんか?

今回は、結婚式をより一層思い出深いものにする演出をご紹介します。

 

  • ウエルカムスペースでの演出

結婚式でゲストを最初に迎えるウエルカムスペース。もちろん、大切なゲストにも楽しんでもらえるような配慮は必要ですが、この場所を彼女や彼の喜ぶアイテムで彩るのはいかがでしょうか?

 

  • 写真やイラスト

ウエルカムスペースに飾るウエルカムボード。通常は文字だけだったり前撮りの写真を使用したりしますが、似顔絵を準備するのはいかがでしょうか?絵が上手な友人や親戚にお願いするとお互いに良い思い出になりそう。もちろんお礼は忘れずに!知り合いに絵が上手な人がいない場合は、専門の似顔絵業者に頼んでも◎

彼や彼女に内緒で準備しておけば素敵なサプライズになるはずです。

 

  • コーディネートでの演出

会場のコーディネートはパーティーの印象を左右する大切なポイント。その季節に合ったカラーやアイテムで彩るのも素敵ですが、ふたりの思い出のアイテムを飾るとお互いの愛も深まるはず。

例えば、彼女の好きな色でコーディネートする。サーフィン好きな彼のために、会場にサーフボードを持ち込む…お互いの愛情を感じられるコーディネートに、ふたりもゲストもにっこり。

 

  • 余興での演出

親戚のスピーチや友人の演奏などの余興は披露宴が盛り上がる演出。この場を少し借りて彼や彼女に愛のメッセージを伝えてみませんか。

 

  • 公開プロポーズ

新郎から愛を伝えるプロポーズ。「実はまだしていない」「ちゃんと言えていない」という方もいるのではないでしょうか。挙式で結婚の意思を伝えれば、ゲストみんながふたりの証人。今までお世話になった親戚や大切な友人に見守られながらプロポーズをすれば、きっと忘れられない思い出になるはずです。婚約指輪を渡しそびれていた人は、ひざまずいてプレゼントしても素敵!もちろん、新婦からの逆プロポーズも大歓迎です。

 

  • 愛のメッセージ

恥ずかしくて直接言えない場合は、気持ちを手紙に残して。司会の友人ゲストに読んでもらえば、いっそう盛り上がりそう。また、友人に頼んで動画を撮ってもらってもGOOD。こっそり準備してくれたことに彼や彼女の驚きと感動も倍増するはず。

 

  • 手作りアイテム

プロポーズもメッセージも恥ずかしい場合は、手作りアイテムをプレゼントしても良いでしょう。例えば新婦が自分のブーケを手作りして、彼にはブートニアを。お色直しの再登場時に夫婦で交換してみては?また、新郎が彼女の生い立ちの写真を集めてアルバムを製作。ウエルカムスペースに置いて、みんなで眺めるのも感動的な演出になりそうです。

 

  • 二次会の演出

披露宴を終えた後の二次会はゲストも打ち解けた雰囲気に。みんなで一緒に演出を楽しんで、和やかなひとときを過ごしましょう。

 

  • ゲストと一緒の演出

二次会ではゲストと一緒に盛り上がるイベントをプラス。例えば、昔バンドを組んでいた仲間と新郎が歌で彼女に愛を伝える。チアリーダーをやっていた新婦が彼に演技で感謝のメッセージなど、結婚式を祝う仲間や友人がいるからこそ叶う演出で会場全体を盛り上げて。

披露宴の時はゆっくり見られなかったメッセージビデオをここでもう一度流して、ふたりで感動を味わうのもおすすめです。

 

結婚式には愛を伝え合う演出のチャンスがいっぱい。ゲストの前で愛の誓いやプレゼント交換をすれば、大切なゲストが証人になってくれます。ふたりの愛があふれるサプライズ演出をたくさん考えて、かけがえのない一日にしましょう。