買った時はぴったりだった結婚指輪(マリッジリング)や婚約指輪(エンゲージリング)。妊娠など体の変化できつくなったりゆるんだりした時は、ショップでサイズを調整してもらいましょう。今回は、サイズ直しや指輪のトラブルについて詳しくご紹介します。

■サイズ直しとは?
エンゲージ&マリッジリングのサイズを今の指の太さに合わせて調整するのがサイズ直しです。
ゆるんだリングは落としてしまいやすく、きついリングは痛く次第に身に着けなくなります。体型の変化によって指輪のサイズが合わなくなった時は、できるだけ早いうちに調整すると良いでしょう。サイズ直しはジュエリーリフォーム店やジュエリーショップでも対応可能ですが、購入したショップでサイズ直し出来るのが一番。ブランドによって対応内容が変わるので、購入時には必ず確認しておきましょう。

■可能なデザイン
リングのデザインによってサイズ直しが難しい場合もあります。フルオーダーの特殊なデザインや、メレダイヤがぐるりと一周するパヴェやエタニティは調整が難しいことが多いです。
また、ジルコニウムやチタンなど硬い素材はサイズ直しが難しいそう。地金が特殊な素材の場合には購入の時にサイズ直しが可能な素材かどうか確認しておきましょう。

■期間と金額
サイズ直しには、たいてい約3週間〜1ヶ月程度かかります。ですが当然お店の混み具合によって変わるので、お願いする際は納期を確認しましょう。
金額はショップによってまちまち。購入店であればアフターサービスが無料であったり、割引をしてもらえたりすることもあるので、まずは確認を。

■サイズ直しの方法
多くの場合、指輪のデザインに干渉しない一部分をカットして行われます。きつい場合は素材を継ぎ足し、ゆるい場合は削ります。デザインによっては切らなくても調整できる場合もあるそうです。
指輪を切ってしまうことから「縁起が悪いのでは?」と言う人もいますが、気にせずに。サイズ直しはもう一度つなぎ直すのですから、再び縁を結ぶと思えば問題ないはずです。

■そのほかのお悩み解決法
指輪が歪んだ、くすんで輝きが少ない、ダイヤがグラグラして外れそう、と言う場合も調整が可能です。まずは購入店に相談してみてください。

・歪み
「うっかり指を打った時にリングも歪んでしまった!」など、毎日身に着けるリングだからこそ、思わぬ衝撃で歪んでしまうこともありますよね。ぶつけて歪んだ場合は真円に戻す調整が可能です。歪みのレベルにもよりますので、スタッフに相談しましょう。

・くすみや細かなキズ
「指輪がくすんでしまった」「ダイヤが以前のように輝かない」そんな時は専門店でのクリーニングがお勧め。自宅でのお手入れでは難しい、細かい部分も綺麗にしてくれます。微細なキズも目立たなくなり、購入した時のようなピュアな輝きを取り戻せます。

・ダイヤ外れ
グラグラしてダイヤが外れそうになったら、専門店でダイヤを留める爪を調整してもらいましょう。大切なダイヤが落ちて紛失する前に対応しておきたいものですが、外れてしまっても大丈夫。ダイヤと地金を持ち込めば留め直してくれます。

■ラザールダイヤモンドのアフターサービス
ラザールダイヤモンドではサイズ直しはもちろん、歪み、くすみ、ダイヤ外れにも対応。アフターサービスが万全なので、購入したリングに何かトラブルが起こったらすぐに相談できて安心ですね。

ずっと身につける大切なエンゲージリング&マリッジリング。アフターサービスが充実しているショップなら、指輪にトラブルが起きてもすぐに対応してもらえます。
リングを購入する時に、アフターサービスがあるかどうかは重要なポイントですので、必ず確認しておきましょう。