とかく、女性主導になりがちな結婚指輪選び。あれこれイメージする女性に対し、男性で「こんな結婚指輪がいい」という理想を持つ方は少ないのではないでしょうか。そこにはおそらく、「彼女の気持ちを尊重したい」という優しさと同時に、「指輪のことはわからない」という本音もあるのでは?
そこで今回は、男性が結婚指輪を選ぶときのポイントをご紹介します。

 

<男性が結婚指輪を選ぶときのポイントとは?>

男性でも女性でも、手は4つのタイプに分けることができます。それぞれに似合う指輪の特徴は男女共通となりますので、詳しくは「自分にぴったりの結婚指輪の選び方」 をご覧ください。
ここでは、手のタイプ以外の観点から、男性が結婚指輪を選ぶ際に気を付けるべきポイントをご紹介しましょう。

 

指に着けたときの感触を確かめる

普段、あまり指輪をしないという方は、結婚指輪を着けたとき、ちょっとした厚みでも気になってしまう場合があります。例えば、手のひらを開いた状態のときは気にならなくても、カバンを持つなど、手を握る動作をすると、両サイド指にあたるのが気になるといった具合です。

特に、仕事や趣味で手をよく使う方は、できるだけ厚みの少ない物を選ぶといいでしょう。ただし、変形する可能性があるので、あまりに重い物を持ったり激しい動きをしたりする場合は、外しておいたほうが安心です。

 

ビジネスシーンでの印象を考える

男性の場合、仕事とプライベートでは、服装がガラリと変わる方も多いのではないでしょうか。
仕事の都合上、職場では指輪をしないという方であれば、普段のファッションに合わせて自分好みの結婚指輪を選ぶのが一番です。しかし、仕事中も着けるという場合は、やはりビジネスシーンにふさわしいデザインを選ぶことも重要になるでしょう。

例えば、近頃はダイヤモンド入りの結婚指輪を選ぶ男性も多くいるそうです。「職業上、派手なデザインは着けられないけれど、ダイヤモンド入りがいい」という場合、ダイヤモンド入りの面と入っていない面がある結婚指輪を選ぶといいでしょう。プライベートではダイヤモンドの面を表にし、仕事中は入っていない面を表にするといったように、2WAYで楽しめます。

 

素材や幅、デザインの印象で選ぶ

一口に結婚指輪といっても、素材やアームの幅、デザインによって印象は大きく変わります。それぞれが与える印象を踏まえて、結婚指輪を選びましょう。
素材や幅、デザインについて、イメージをまとめましたので参考にしてください。

 

・素材
プラチナは程良い重厚感があり、どんなシーンにも対応します。耐久性も含め、結婚指輪におすすめです。
ゴールドは、肌の色が濃い方に似合う色。ただし、スーツのときに着けると、カジュアル感が強い印象に。

・幅(アーム)
結婚指輪の幅は、3~3.5mmが平均的で、自然な存在感となります。3mm以下になるとやや物足りない印象になるほか、男性にしては華奢な印象を与えることもあります。

・デザイン
曲線よりもエッジの効いたシャープなデザインのほうが、男性らしさを強調します。
V字やS字のタイプを選ぶ場合は、女性らしさやファッション性が高い細いデザインより、太めのデザインがおすすめです。

 

サイズ選びは慎重に

男性の多くが心配するのが、「気付かないうちに結婚指輪が外れて、なくしてしまうのではないか」ということ。サイズの合わない結婚指輪は、気になって外してしまったり、いつのまにか抜けてなくしてしまったりすることがあります。なくしてしまうリスクを減らすためにも、自分の指にぴったり合ったサイズを選ぶことが大切でしょう。また、隣の指へのあたりが気にならなくなるというメリットもあります。

ラザール ダイヤモンドでは、結婚指輪のデザインによって、0.5号刻みのハーフサイズの対応が可能です。さらに、アフターフォローには、万が一紛失してしまったときの紛失サポートが含まれています。

 

<男性も結婚指輪選びを自分事として考えよう>

結婚指輪を見に来店されるカップルの中には、指輪選びは女性にお任せという男性も多くいます。とはいえ、結婚指輪は男性自身も着けます。男性は、女性よりも指輪を着け慣れていない方が多く、結婚後に身に着けるアクセサリーは結婚指輪だけというケースも少なくありません。

男性と女性では手の大きさも違えば体型も異なり、似合う指輪が違うことも往々にしてあります。以前は、結婚指輪は夫婦が同じデザインのタイプでそろえることが主流でしたが、必ずしも同じタイプでなければならないということはありません。ずっと身に着けるものですから、二人の意見はもちろん、自身が納得する結婚指輪を選んでください。

男性用の結婚指輪はシンプルで、あまり種類がないというイメージを持っている方も多いですが、ラザール ダイヤモンドの結婚指輪は、男性用でも50以上のシリーズがあります。ジュエリーに無頓着だった男性でも、店頭でたくさんのデザインを試着するうちに、ダイヤモンド入りのタイプを購入する方も多くいらっしゃいます。

エッジを効かせたデザインや、さりげなくウェーブが入っているデザインなど、シンプルな中に個性が光る結婚指輪も取り揃えています。ぜひ手に取って、自分にぴったりの結婚指輪を見つけてみてください。