結婚指輪を着ける指といえば、左手の薬指が定位置となっていますが、改めてその意味や由来について考えたことはありますか?

左手の薬指に込められた意味と、さまざまな国における婚約指輪を着ける指についてご紹介します。

 

<左手の薬指は心がつながっている証>

結婚指輪を左手の薬指に着けるようになった歴史は驚くほど古く、古代ギリシャの言い伝えが由来といわれています。紀元前2500年頃の古代ギリシャでは、心臓は人間の感情を司る場所であり、左手の薬指は心臓と太い血管でつながっていると信じられていました。心臓そのものに何かすることはできないため、左手の薬指に指輪を着けることで、永遠の愛を誓ったのです。その名残が伝わっていると思うと、なんだかロマンチックですよね。

ただ、右利きの方が多いため、傷がついたり落としたりしにくい左側に着けるようになったという説もあります。あくまでも、婚約指輪を着ける指は本人の自由。婚約指輪に限らず、結婚指輪であったとしても、基本的にはどの指に着けても構いません。

 

<右手と左手、それぞれの指の持つ意味>

左手の薬指に永遠の愛を誓う意味があるように、実は左右10本の指にそれぞれ異なる意味があるとされています。指輪を着けるときは、指が持つ意味にも注目してみてはいかがでしょうか。婚約指輪を着ける指に決まりはありませんから、そのときの気分や状況で、指輪そのものや着ける位置を選んでみてもいいでしょう。ここでは、左右それぞれの指が持つとされる意味を見ていきます。

 

<親指>
右手 権威や責任感が得られる、リーダーシップを発揮する(ステップアップしたいとき)
左手 信念や愛を貫く(高い目標をクリアしたい、困難に立ち向かいたいとき)

<人差し指>
右手 集中力や行動力を高める(仕事や勉強に打ち込みたいとき)
左手 ポジティブな力を高める(新しいことにチャレンジしたいとき)

<中指>
右手 邪悪なものから身を守る、インスピレーションを高める(元気になりたいとき、お守りとしても◎)
左手 協調性を高める(コミュニケーションを円滑にしたいとき)

<薬指>
右手 精神的な安定、クリエイティブな力を高める(リラックスしたいとき、感性を高めたいとき)
左手 愛の絆を強める(大切な人との関係を深めたいとき)

<小指>
右手 困難を乗り越える、自分の魅力を発揮する(アピールしたいとき)
左手 チャンスをつかむ(新たな出会いや夢を叶えたいとき)

 

<国によってこんなに違う?結婚指輪を着ける位置>

日本と同じく、世界の大半の国では婚約指輪は左手の薬指に着けるとされています。しかし、チェコ、イギリス、オーストリア、スペイン、フランスなどでは、右手に着けるのが一般的です。さらに、ドイツ、ポーランド、ロシア、ブルガリアなどでは、婚約指輪は左手、結婚指輪は右手にすることが通例となっているそうです。

婚約指輪を右手に着ける理由は、キリスト教の聖書の中にある「右手には正義が宿る」という言葉が由来となっていて、夫または妻を、永遠に愛するという誓いが表されています。また、同じキリスト教圏の国でも、カトリックは左手に、プロテスタントは右手にという傾向があります。

アジア圏を見てみると、日本にも程近い台湾では、男性は左手、女性は右手に着けるそうです。インドや東南アジアの一部では、日常的に靴を履く風習がなかったときの名残で、足の指に結婚指輪を着けるそうです。

こうして、世界に視野を広げてみると、一概に「左手の薬指」ともいえないようです。

 

<結婚式では結婚指輪だけ?婚約指輪はどうすればいい?>

日本では、婚約指輪を結婚式までは左手薬指に着け、式当日は結婚指輪の交換があるために右手薬指に着ける方が多いようです。ただし、結婚式では指輪交換のセレモニーがあるため、主役は結婚指輪ですが、一時でも右手に婚約指輪を着けることに違和感がある方もいます。

そこで、最近人気が高まっているのが、「エンゲージカバーセレモニー」です。これは、結婚式で新郎が新婦に改めて婚約指輪を贈るセレモニーのことで、結婚指輪の交換後、封をするように結婚指輪の上から婚約指輪を重ね着けする素敵なイベント。「二人の愛に永遠の蓋をする」といった意味が込められているそうです。

中には、そのタイミングで再度、新郎が新婦にサプライズプロポーズをしたり、プロポーズを再現したりといった演出を行うケースも。せっかく購入した婚約指輪なので、婚約期間が終わったからといって着けなくなってしまうのはもったいないですし、結婚式に参列した皆さんにもお披露目したいですよね。

エンゲージカバーセレモニーを行いたい場合は、会場に対応可能かどうか事前に確認しておきましょう。

ちなみに、婚約指輪は結婚式の後に着けても構いませんが、基本的には結婚指輪を下に、婚約指輪を上にして重ね着けをします。婚約指輪や結婚指輪を選ぶときは、重ね着けをすることまでを見越して、合わせて着けてもなじみのいい指輪を選んでみてはいかがでしょうか。

 

<左手の薬指に永遠の愛を輝かせて>

二人の幸せの証である婚約指輪と結婚指輪。左手の薬指に着けることには、遥か昔から紡がれた素敵な意味が込められていました。

婚約指輪や結婚指輪は、結婚生活で悲しいことやつらいことがあったとしても、初心を思い返すことができるアイテムです。これから長いお付き合いとなる婚約指輪と結婚指輪は、そこに二人の気持ちを乗せることが大切です。左手薬指で輝く指輪のように、皆さんの愛も永遠に輝き続けますように。