結婚指輪を購入する際に気になるのが自分の指輪のサイズ。ショップに行けば、サイズを測ってくれるので心配ありませんが、ぴったり合う指輪を探すためには指輪のサイズについての知識も得ておきたいもの。ここでは指輪のサイズの基礎知識や指輪選びについてご紹介します。

 

 

 

<指輪のサイズってどう表示されるの?>

指輪のサイズは号数で表されます。内径13mmが1号で、約1mm大きくなると3サイズ大きくなります。つまり、ブランドによっても若干異なることがありますが、一般的に指輪の内径は1号=13mm、4号=14mm、7号=15mm、10号=16mm、13号=17mm、16号=18mm、19号=19mm、22号=20mm、25号=21mmとなります。

 

なお、これは日本のみで使用されているサイズで、指輪のサイズ表示は国によってさまざまです。海外ブランドの商品では日本の号数ではなく、アメリカサイズやISO規格のサイズで表示されている場合もあり、注意が必要でしょう。

 

<日本人の平均的な指輪のサイズは?>

日本人の指輪のサイズは、女性が8〜10号、男性が13〜18号が平均といわれています。ちなみに、指のサイズは身長や体重とはあまり関係ないとされています。細みでもがっしりとした指の人はいますし、その反対の場合もあります。ですから、体格から適当に判断せずに、指のサイズをしっかり測って、指輪選びをするのがお勧めです。

 

なお、特に小さいサイズや大きいサイズは、デザインによっては通常よりも納期が長引く場合もあります。。自分の指輪のサイズが平均よりも極端に外れている場合は、希望のタイミングまでに完成するかどうかを確認するのもお勧めです。

 

また、指輪の価格はサイズによっても変わってくることがあるので注意しましょう。号数が大きくなると、それだけ使用する地金の量も増えるので、特に大きな号数の場合は追加料金が必要になることもあります。

 

<指のサイズはどうやって測るの?>

指輪のサイズはリングゲージで計るのが一般的です。リングゲージとは1号〜30号くらいまでのリングが束になっているもので、実際にいくつかのリングを身に着けて、ぴったり合うものを探し、そこからサイズを割り出すものです。また、いま身に着けている指輪をセットして、そのサイズを測るリング棒もあるので、普段着けている指輪を持っていくもいいでしょう。

 

 

<ぴったりのリングを手に入れるには?>

ジュエリーショップではリングゲージを使うほか、スタッフがその人の指を見てサイズの当たりをつけ、いくつかのサイズリングを試着しながら、ぴったりのサイズの指輪を探すことも少なくありません。

 

なお、指輪は幅の広いものは着脱がしにくいため、リングゲージで測定したものよりは大きいものの方が身に着けやすいです。また、正面のあるデザインのリングは、身に着けたときにくるくる回らないように、ややきつめのものを選ぶのがいいとされています。ただし、着け心地は人によって感じ方に差があるので、自分が一番しっくり来るサイズを選ぶのがお勧めです。

 

<ふたりで試着に行けないときは?>

結婚指輪は基本的には試着をして、着け心地を確かめてから購入するのがお勧めです。でも、彼が忙しくて試着に行く時間がないといった場合には、女性だけが下見に行って実物を確かめて購入したり、オンラインショップで購入するという方法もあります。サイズはあらかじめリングゲージをレンタルし、測っておきましょう。

 

オンラインショップで購入する場合、期間限定で無料返品を受け付けてくれるサービスを提供するところもあります。ショップでもさまざまなサポートをしてくれますので、相談してみるといいでしょう。