婚約指輪を購入する際に気になるのが自分の指輪のサイズ。ショップに行けば、サイズを測ってくれるので心配ありませんが、ぴったり合う指輪を探すためには指輪のサイズについての知識も得ておきたいもの。ここでは指輪のサイズの基礎知識や指輪選びについてご紹介します。

 

<指輪のサイズってどう表示されるの?>

 
指輪のサイズは号数で表されます。内径13mmが1号で、約1mm大きくなると3サイズ大きくなります。つまり、ブランドによっても若干異なることがありますが、一般的に指輪の内径は1号=13mm、4号=14mm、7号=15mm、10号=16mm、13号=17mm、16号=18mm、19号=19mm、22号=20mm、25号=21mmとなります。

なお、これは日本のみで使用されているサイズで、指輪のサイズ表示は国によってさまざまです。海外ブランドの商品では日本の号数ではなく、アメリカサイズやISO規格のサイズで表示されている場合もあり、注意が必要でしょう。

 

<日本人の平均的な指輪のサイズは?>

 
日本人の指輪のサイズは、女性が8〜10号、男性が13〜18号が平均といわれています。ちなみに、指のサイズは身長や体重とはあまり関係ないとされています。細みでもがっしりとした指の人はいますし、その反対の場合もあります。ですから、体格から適当に判断せずに、指のサイズをしっかり測って、指輪選びをするのがお勧めです。

なお、特に小さいサイズや大きいサイズは、デザインによっては通常よりも納期が長引く場合もあります。自分の指輪のサイズが平均よりも極端に外れている場合は、希望のタイミングまでに完成するかどうかを確認するのもお勧めです。

また、指輪の価格はサイズによっても変わってくることがあるので注意しましょう。号数が大きくなると、それだけ使用する地金の量も増えるので、特に大きな号数の場合は追加料金が必要になることもあります。

 

<プロポーズに備えて指輪のサイズは正しく測ろう>

 
プロポーズと同時に婚約指輪をもらうことを夢見る女性は多いですし、男性もそのシチュエーションに憧れがあるのではないでしょうか。「サプライズで指輪をプレゼントしたい」という男性は多いはずです。しかし、いざプレゼントしてみたら「指輪のサイズが合わなかった!」というような事態だけは避けたいですよね。プロポーズのときにぴったり合う指輪をプレゼントするためにも、指輪のサイズは正しく測りましょう。

 

<指のサイズはどうやって測るの?>

 
指輪のサイズはリングゲージで計るのが一般的です。リングゲージとは1号〜30号くらいまでのリングが束になっているもので、実際にいくつかのリングを身に着けて、ぴったり合うものを探し、そこからサイズを割り出すものです。また、いま身に着けている指輪をセットして、そのサイズを測るリング棒もあるので、普段着けている指輪を持っていくもいいでしょう。

 

<簡単にできる測り方>

 
リングゲージを用意しなくても、どこの家庭にでもあるような糸とものさし、マジックペンを使えば自分で簡単に測れます。糸は木綿などの伸縮性のないものがベストです。詳しい測り方をご紹介します。
 

  • 1.サイズを測りたい指の第二関節あたり、一番太い部分に、きつすぎずゆるすぎないように糸を巻きつけ、糸同士が重なる部分にペンで2本とも印をつける。
  • 2.指から糸を外し、ピンと伸ばして印から印までの間を測る。
  • 3.前述のリングサイズから一番近い数字を選ぶ。

 
確実なサイズを知るためには、普段着けている指輪のサイズを測るのもオススメです。肉親や知人に聞いてみるのも良いでしょう。確実に指輪のサイズを知れるだけでなく、本人に知られずにサイズを測ることができるので、「指輪をサプライズでプレゼントしたい」という方にお勧めです。

 

<ぴったりのリングを手に入れるには?>

 
ジュエリーショップではリングゲージを使うほか、スタッフがその人の指を見てサイズの当たりをつけ、いくつかのサイズリングを試着しながら、ぴったりのサイズの指輪を探すことも少なくありません。

なお、指輪は幅の広いものは着脱がしにくいため、リングゲージで測定したものよりは大きいものの方が身に着けやすいです。また、正面のあるデザインのリングは、身に着けたときにくるくる回らないように、ややきつめのものを選ぶのがいいとされています。ただし、着け心地は人によって感じ方に差があるので、自分が一番しっくり来るサイズを選ぶのがお勧めです。

 

<サイズ選びで失敗しないためのコツ>

 
サイズ選びで失敗しないようにするために、指のサイズを測る時間にもこだわってみましょう。人の指のサイズは、朝と夜で0.5mmほど変化するといわれています。可能であれば、朝と夜に測ったサイズの真ん中の数字を参考にした方がより正確なサイズを知ることができます。

 

<サイズが合わなかったときの対処法>

 
前述したように、人の指のサイズは朝と夜でも若干異なります。ちょっとした食生活の変化で体重も変わることがあるほど、女性の体は繊細です。どれだけ事前に準備したとしても、プレゼントしてみたらサイズが合わなかった、ということもあるでしょう。そんなときは、購入したショップに相談し、サイズ調整を検討しましょう。

このことから、アフターサービスの整っているジュエリーショップを選んで購入することが重要です。指輪を購入するときは、デザインや素材だけでなく、アフターサービスが整っているかどうかをチェックするのを忘れないようにしましょう。

 

<ふたりで試着に行けないときは?>

 
婚約指輪は基本的には試着をして、着け心地を確かめてから購入するのがお勧めです。でも、彼が忙しくて試着に行く時間がないといった場合には、女性だけが下見に行って実物を確かめて購入したり、オンラインショップで購入するという方法もあります。サイズはあらかじめリングゲージをレンタルし、測っておきましょう。

オンラインショップで購入する場合、期間限定で無料返品を受け付けてくれるサービスを提供するところもあります。ショップでもさまざまなサポートをしてくれますので、相談してみるといいでしょう。

 

<あの手この手で! 指輪サイズの測り方6選>

 

1.寝ているときに糸とペンを使って測る

 
前述した糸とペンを使った方法です。糸を指の周りに巻きつけ、糸が重なったところに印をつけて測るので、寝ている彼女を起こさないようにしましょう。ただし、うっかり彼女が目覚めてしまったときに気まずくなるかもしれないのでご注意ください。
 

2.ストローの紙を巻きつけて測る

 
外食でドリンクを注文すると付いてくるストローの紙を使って、会話の中で自然に指のサイズを測る方法です。ストローの紙で遊ぶフリをして、さりげなく指のサイズを測ってみましょう。サプライズでプレゼントしたいという方は、指輪を購入するつもりであることを悟られないように、ちょっとした話術や演技が必要になるかもしれません。
 

3.配線をまとめるプラスチックコードで測る

 
こちらも彼女が寝ているときなど、素早くこっそり測りたいときに便利な方法です。プラスチックコードは印をつけるのは難しいですが、配線をまとめるように指周りをキュッと締めれば長さがそこで決まるので、糸よりも素早く指輪のサイズを測ることができます。ただし、きつく締めすぎてしまうと取れなくなる可能性もあります。焦らずに測るようにしましょう。
 

4.ショッピングに出かけた際に指輪を着けてもらい、そのサイズを覚えておく

 
デートで次の場所に移動するときなどに、さりげなくアクセサリーショップに立ち寄るパターンです。試着してもらうように誘導して、彼女が試した指輪のサイズを覚えておきましょう。後になってサプライズで指輪をプレゼントしたときに、「まさかあのときにサイズを知られていたなんて」と彼女を驚かせることができたら良いですよね。
 

5.指輪の話題を出してサイズを聞く

 
最もストレートな方法です。指輪を購入したいからサイズを教えてほしい、と堂々と伝えましょう。好感も持てるので、サプライズでプレゼントするつもりではない方にはオススメの方法です。
 

6.彼女の指輪を着けてみて自分の指のどの位置で止まったか覚えておく

 
彼女がいない隙に、彼女の指輪を使ってこっそり自分の指で測る方法です。自分の指で止まったところを覚えておいて、そこのサイズを後に自分で測り直せば彼女の指輪のサイズを知ることができます。
こちらの記事、「彼女に「好みの指輪」を贈る方法」も参考にしてみてくださいね。