一生大切にしたい婚約指輪ですが、サイズが合わないと、せっかくの指輪も着けづらくなってしまいます。洋服のサイズなら「平均的な体形だから平均的なサイズで大丈夫」ということもあるかもしれませんが、指輪のサイズはそうもいきません。サイズが少し合わないだけで、抜けて落としてしまうリスクがあったり、指に違和感が出たりしてしまいます。

ここでは、指輪のサイズの測り方や選び方のコツといった、婚約指輪を選ぶときに知っておきたいことや、サイズが変わってしまったときの対処法についてご紹介します。

 

<薬指の平均サイズは9号>

一般的な日本人女性の薬指のサイズは、9号といわれています。ジュエリーショップに置いてあるサンプルの指輪も、9~11号が多いようです。しかし、もちろん自分のサイズがそれ以外だからといって、何もおかしいことはありません。

また、体重によってサイズが変わるとも一概にはいえません。体形が変わらなくても、指だけがサイズアップするケースもありますし、体形がサイズアップしても指のサイズは変わらないケースもあります。体形がスリムであっても、関節が張っていることで、「指輪のサイズだけ意外に大きい」ということもあるでしょう。

スポーツをしていたり、仕事で手をよく使っていたりなど、生活スタイルによっても指輪のサイズは変わります。内周が約1mm違うだけで1号変わりますので、平均サイズを気にすることなく、自分にぴったり合った指輪を探すのがベストでしょう。

 

<指輪のサイズの測り方>

では、自分の指輪のサイズは、どうやって測ったらいいのでしょうか。指輪のサイズを測るための方法をご紹介します。

 

サイズゲージを使う

指輪のサイズの計測で、一番正確で簡単なのは「サイズゲージ(リングゲージ)」を使うことです。1~30号までのリングがセットになっていて、実際に指にはめて自分のサイズを測ることができます。簡易的なサイズゲージだと奇数号しか測れない場合がありますので、できるだけ偶数号も測れる物を選んでください。

指輪のサイズを測る道具としては、指輪をはめて測る棒タイプの「サイズ棒」もあります。一番しっくりくるお手持ちのリングを店頭に持っていき、改めて確認するのも手ですね。

とはいえ、同じ号数でも、ブランドによってはサイズ感が異なる場合がありますので、試着してみることが重要です。

 

紙や糸を使って測る

事前に、大まかな自分の指輪のサイズを知っておきたいときや、サプライズのためにこっそり彼女の指輪のサイズを測りたいときなどは、紙などを使って測ることもできます。まずは、指の第二関節部分に、細く切った紙や糸をしっかり密着させて巻きます。紙などが重なった部分に印をつけて開き、直線での長さを測ればOKです。

以下は、JIS規格の指輪サイズ一覧表ですが、指輪のデザインによっては、同じ号数でもフィット感に違いが出ることもあります。できるだけ購入前には、試着して確かめてくださいね。

 

<JIS規格の指輪サイズ表>

号数 直径 円周
1 13.0mm 40.8mm
2 13.4mm 41.9mm
3 13.7mm 42.9mm
4 14.0mm 44.0mm
5 14.4mm 45.0mm
6 14.7mm 46.1mm
7 15.0mm 47.1mm
8 15.4mm 48.2mm
9 15.7mm 49.2mm
10 16.0mm 50.3mm
11 16.4mm 51.3mm
12 16.7mm 52.4mm
13 17.0mm 53.4mm
14 17.4mm 54.5mm
15 17.7mm 55.5mm
16 18.0mm 56.5mm
17 18.4mm 57.6mm
18 18.7mm 58.6mm
19 19.0mm 59.7mm
20 19.4mm 60.7mm
21 19.7mm 61.8mm
22 20.0mm 62.8mm
23 20.4mm 63.9mm
24 20.7mm 64.9mm
25 21.0mm 66.0mm
26 21.4mm 67.0mm
27 21.7mm 68.0mm
28 22.0mm 69.0mm

 

測る時間帯に注意する

指輪のサイズを測るときは、時間も大切です。むくみを考えて、朝晩2回測ってみるのがおすすめです。

朝履いた靴が夕方になってきつく感じられることがあるように、朝よりも夕方はむくみやすいので注意が必要です。人によっては、一日で0.5~1号も変わってしまうこともありますので、何度か測り直すなどして平均値で考えるようにしましょう。

なお、夏は水分をとるのでむくみやすくなるなど、季節によっても若干の変動があります。一年を通じて測ることは難しいですが、どんなときにむくみやすいかを把握して、実際に店舗で試着したときの装着感に反映させられればベストです。

 

<婚約指輪のサイズ選びのポイントは?>

基本的には、指輪を外すときに関節に少し引っ掛かる感じがジャストサイズです。試着の際は、指輪をつけた状態で手を握ったり開いたり、動かしてみて、フィット感を確認することを忘れずに。お仕事や家事などの関係で、着脱の多い方やむくみやすい方は、少し大きめのサイズを選びます。リラックスできるサイズ感で選ぶと、その分外れやすく、紛失してしまうことも考えられますので、ある程度はしっかりとまるものがいいでしょう。

妊娠中の方は、むくみや出産後のサイズ変化も考慮して選びます。出産までのあいだはどうしてもサイズが大きくなる傾向がありますが、いずれ出産後の体形に戻ったり、育児の忙しさでやせたりすることも考えられます。場合によっては出産までのあいだは外すことも念頭に入れ、妊娠前の元々の自分のサイズを基準にしましょう。

 

デザインによってもサイズが違う!

婚約指輪は結婚指輪に比べ、ダイヤモンドなどの装飾があることで、シンプルな指輪に比べるとどうしてもバランスに偏りが出てしまいます。指輪がくるくる回ってしまうこともありますので、少しタイトに感じるくらいのサイズを選ぶのがベターでしょう。また、指輪の幅があるタイプだと、指との接触面が多い分きつく感じ、細身の指輪はゆるく感じられるといった違いもあります。華奢なデザインの場合には、サイズがぴったりすぎると指に食い込んで見えてしまうこともありますので、デザインとの兼ね合いでサイズを少し大きめにしてもいいかもしれません。

デザインによるサイズの違いについては、プロに聞くのが一番です。ジュエリーショップのスタッフと相談し、見た目だけで判断せずに、使用する際のポイントなども聞いてみましょう。

 

サイズ変更が必要になったら?

基本的には、将来サイズが変わることを見越して選ぶのではなく、今の自分のサイズに合わせることが大切です。ただし、サイズ直しが必要となる可能性を考えて、デザインや素材としてそれが可能かどうかを、あらかじめ確認しておきましょう。

例えば、プラチナやゴールドは金属としては柔らかく、加工がしやすいという特徴があり、比較的サイズ直しは簡単です。反対に、最近人気が出てきているチタンやパラジウムなどの金属は硬く、加工がしづらいため、サイズ直しは難しいでしょう。ダイヤモンドが指輪の全周に施されたフルエタニティリングなどは、サイズ直しができないことも考えられます。

婚約指輪を購入する際は、あらかじめサイズ直しが可能なのかといったことや、有料か無料かなどについて確認しておきましょう。

 

ラザール ダイヤモンドは、婚約指輪の購入後、1年間は無料でサイズ交換や修理に対応しています。サイズが変わってしまったり、着けていて違和感があったりする場合は、お気軽にご相談ください。

サービス&ケア

 

<指輪の平均サイズより大きい・小さい場合は?>

デザインやブランドにもよりますが、婚約指輪は6~14号程度ならサイズ展開されているケースが多いです。中には、0.5号刻みでサイズが用意されていることもありますので、サイズゲージで確認しながら、ショップのスタッフに相談してみましょう。金属を伸ばしたり、内側にインナーストーンなどのパーツを足したりすることで、サイズの調整ができることもあります。

どうしてもサイズがしっくりこない場合は、フルオーダーで購入することを検討してもいいでしょう。

 

<ぴったりフィットする婚約指輪を選びましょう>

自分の指輪のサイズが平均より大きいか小さいかは、どうしても気になってしまいます。しかし、肝心なのは、自分の指にぴったり合うかどうか。

指や関節の太さが気になる場合には、店頭で相談するときれいに見えるデザインをアドバイスしてくれます。婚約指輪は人生においてかけがえのないアイテムです。購入するときは、今後のライフスタイルに合わせ、サイズ変更やリペアなどのアフターケアをしっかりしてくれるショップかどうかも、加味して選んでくださいね。