プロポーズの服装ってなにがベスト?シチュエーション別に男女におすすめのコーディネートをご紹介します。
 
プロポーズしようと心を決めたら、いつどこで決行するのか、どんな演出や言葉で伝えるのかなどなど、いろいろとプランを練りますよね。大まかなイメージが固まってきたら、忘れずに考えておきたいのが当日の服装についてです。プロポーズした時の服装を理由に断られるなんてことはないにせよ、2人にとってプロポーズされた時の光景は一生心に残る思い出です。その思い出の場面に登場する2人の姿がイマイチだったら、正直ちょっとがっかりしちゃいますよね。一世一代のプロポーズは、やはり服装も特別に演出したいもの。プロポーズの日の服装について考えてみましょう。

プロポーズする時の服装って?

 
プロポーズする時の服装って?

プロポーズをする時の服装について、どのようなものを着ようか迷ってしまう方は少なくありません。プロポーズ時の服装には決まりはありませんが、シーンに合わせた服装を心がけることが大切です。
 
「高級レストランでのプロポーズには、スーツやかっちりとしたジャケット」「お家でのプロポーズにはカジュアルな服装」など、どのような場所でプロポーズをするのかによって適切な服装は異なります。
 
シーンに合っていればスーツや普段着などどれでも問題ありませんが、清潔感や誠実さが伝わる服装であることが大切です。特にカジュアルな衣装を選ぶ時は、だらしなくなってしまわないように気をつけましょう。
 

シチュエーション別におすすめの服装

 
プロポーズのシチュエーション別に服装を変えることで、プロポーズの演出効果も高まります。
ここでは、男性と女性に分けてプロポーズにおすすめの服装をご紹介します。
 

男性版

 
レストランやチャペルといったフォーマルな場所でプロポーズをする時は、スーツやセットアップのジャケットとパンツなど、キレイに映える服装を心がけましょう。
家でのプロポーズなら普段着でも問題ないですが、いつもの普段着ではなく「新品の服」「シャツやベストを組み合わせる」などの工夫をすると清潔感を演出できます。
 
高級レストランではなく、公園や旅行先など思い出の場所でプロポーズをする場合は、スーツだと少しやりすぎな印象を与えかねません。スーツではそぐわない場所でプロポーズをする場合は、きちんと感をだしつつかしこまりすぎない「チノパン+シャツ」などのコーディネートがおすすめです。
 

女性版

 
女性の場合は、レストランなどのフォーマルな場所では「ワンピース」「セットアップ」などの華やかな服装がおすすめで、カジュアルさを控えたコーディネートが無難です。
 
家でのプロポーズではそれほど気負わなくても大丈夫ですが、カジュアルになりすぎないように気をつける必要があります。「スカート」「女性らしい配色の服」など、女性らしさや可愛らしさを意識した服を着用しましょう。
思い出の場所でのプロポーズは、彼に買ってもらった服や付き合った当時よく着ていた服など、2人にとって思い入れのある服装を選んでみるのも素敵です。
 

プロポーズする時に避けたいファッション

 
プロポーズする時におすすめの服装は「清潔感のある服装」「カジュアルさを控えた服装」でしたが、反対に避けるべき服装とはどのようなものなのでしょうか。以下で詳しくご紹介します。
 

半ズボン・タンクトップ

 
半ズボンやタンクトップなどの肌の露出が多い服装はカジュアルな雰囲気を助長するため、真面目なプロポーズシーンでは避けた方が無難です。
夏場など暑い日にはどうしても薄着になってしまうかもしれませんが、できるだけ長ズボンを着用したり羽織りものを持っておいたりと工夫するようにしましょう。
 

シワシワなシャツ

 
シワシワなシャツを着用すると不潔な印象を与えてしまうため、一生の記念になるようなプロポーズシーンではかなりのマイナスポイントになります。
シワが目立つシャツはもちろんですが、ダメージ加工が施してあるジーンズなども控えておく方が賢明です。真剣な気持ちをしっかりと伝えるプロポーズ時には、清潔感のある服装を心がけましょう。
 

派手すぎるアクセサリー

 
シンプルで清潔感のある服装を意識しなければならないプロポーズシーンにおいては、服装だけではなく「アクセサリー類」への配慮も欠かせません。
指輪やピアスをジャラジャラと着けていたりインパクトが強すぎるアクセサリーを身に着けたりしていると、品が損なわれてしまう可能性があります。
プロポーズで婚約指輪を渡す際にダイヤモンドの輝きが映えるように、派手すぎるアクセサリーは身に着けないようにしましょう。
 

ヘアスタイルにも気を配る

 
髪型が人の印象に与える影響はとても大きく、一生にまたとない大事なプロポーズの時には適切なヘアセットが欠かせません。
キレイなスーツを着て高級レストランで食事をしていても、寝癖がついているような乱れた髪型では服装の魅力は引き立ちません。
プロポーズの空間や服装をより魅力的に映すためにも、髪型には気を配ってキレイに整えておきましょう。
 

季節別にふさわしい服装

 
季節別にふさわしい服装
 
プロポーズをする時はその季節に合った服装を心がけることによって身なりが整い、印象がアップします。
身なりが整うと真剣な気持ちがより伝わりやすくなるため、季節感を大切にしたコーディネートを意識してみましょう。
 

 
夏は日差しが強く暑い日が多いことから、どうしてもTシャツに半ズボンといった軽装になりがちです。こうした服装はカジュアルな雰囲気を際立たせてしまうため、プロポーズの際は避けたほうがよいといえます。
 
夏場にプロポーズを行うのであれば、襟付きのシャツやポロシャツなど、カジュアルな中にもスマートさを感じさせる服装を選ぶことが大切です。もし、これらのアイテムを持っていないのであれば、Tシャツの上からジャケットを羽織るなどして「きちんと感」を演出するよう心がけましょう。
 

 
冬はカチッと見えるジャケットがおすすめですが、ジャケットには毛玉や使用感が現れやすいという特徴があります。プロポーズをする際はできるだけ使用感のない、キレイなジャケットで清潔感を演出したいものです。
 
使い古したジャケットや汚れの目立つジャケットは控え、新しいものを用意したりクリーニングに出したりと入念に準備をしておきましょう。
さらに、寒いからと言って着込みすぎてしまうと脱着がスムーズにできないこともあります。レストランなどで上着を脱がなければいけない場合にもたついてしまう可能性があるので、厚着をしすぎてしまわないように気をつけましょう。
 

シチュエーションにあった服装でプロポーズを!

 
プロポーズの時にどのような服を着用するかも、プロポーズの成功を左右する重要なポイントです。プロポーズの時に着用する服装に厳密な決まりはありませんが、プロポーズを成功させるのはもちろん、素敵な思い出として残すためにも、シチュエーションにあった服装選びが大切です。今回ご紹介した内容を参考に、「清潔感」や「誠実さ」が感じられる服装でプロポーズに挑みましょう。
 
誕生日にプロポーズをしたいとお考えの方は「彼女が絶対に喜ぶ「誕生日プロポーズ」のススメ」の記事もご覧ください。
 
逆プロポーズに贈るプレゼント選びに悩んでいる方は「逆プロポーズでプレゼントするのは婚約指輪? それ以外のもの?」の記事もご覧ください。
 
プロポーズをお考えの方は「プロポーズをお考えの方へ」の記事もご覧ください。